« 2005年2月 | メイン | 2005年4月 »

2005年3月26日

玄箱で名前解決ができなかった初心者な私

解決してしまえばなんてことはない話し、というかLinux使いの方々には当然のように解決できてしまう話しなのでしょうが、 私は数日困りました。

さて、何が困ったかと言うと、玄箱(/HG、もちろんノーマル仕様)からDNSを見に行けなかったのです。んでもって、 ntpサーバーに同期しようと設定しても、例えばclock.nc.fukuoka-u.ac.jpなんてアドレスを書いてみても、 「アドレスが判らないよー」と返されてしまうからなのです。

もちろん、Windowsマシンや宅内ルーターなどは「ネームサーバー(DNS)」の設定が簡単にできるところにあるわけなのですが、 玄箱くん(たぶんNASとして標準状態だから)の場合は最初わからなかった。
まぁ基本的にNASなので、NASからインターネット側に出る必要も確かに無いわな、と妙に関心しましたが。

で、書籍などを調べてみても、あまりに基本的すぎて書いていない・・・、とほほ。
というわけで四苦八苦したあげく、下記のようにすることで解決したのでメモっておきます。

-----------------
/etc/resolv.conf ファイルへ下記を追記

nameserver 宅内ルーターのIPアドレス
nameserver プロバイダのDNSのIPアドレス
----ー------------

これで合っているのか判らないのですが・・・、経験豊富な方がいましたら是非教えてください。

投稿者 yamatec : 13:24 | トラックバック (0)

2005年3月25日

花粉と戦う目薬(アルガードクールEX)

今年は花粉が多いです。
とっても多いであろうという世間の予測よりも、もっと身近に毎日感じています。

というわけで、花粉と戦うグッズにこだわってみることにしました。

まずは、グッズその1。目薬!
たぶん今年の新製品(よくCMで見かける)、ロート製薬アルガードクールEX

昨シーズンまでは同社のアルガードクールSや、その前のアルガードクールを使って凌いでいましたが、価格が高い (あくまでも普通の目薬に対して、ね)割には効果が薄いというか持続力がないように感じてました。
しかし、今度のアルガードクールEXは凄い。

例えば朝の通勤後、花粉症の症状で目が痒くなってきたり、まぶたが重く感じるようになってきてからでも、 この目薬を使うとすぐに楽になる。
まるで目とまぶたの間に透明でツルツルの膜がはったような感じになり、しかも持続力もアップしているようだ。(私の場合、 今のところ一日2回以上点したことが無い)

点した感じは、清涼感が高いというかキュッとくる少しキツ目の感触で、涙をしぼり出してくれるような感じ。
しばらくすると目がツルツルになったような感覚を覚えた。
ロート製薬のHPによれば希望小売価格は1470円だそうだが、 新製品のキャンペーンでも打っているのか店頭では798円くらいでみかける事がよくあるので、花粉対策品としては割安な部類に入るかな。

おかげで今年は、とっても目に強い見方を得たような気分だ!


※ただし効能や感触については個人差が大きいと思われますので参考程度と考えて下さい。

投稿者 yamatec : 01:58 | トラックバック (0)

2005年3月24日

なんでインターネット側からルーターが見えるのっ!!

つい先日、宅内のサーバー設定を始めてからしばらくして、試しにPHS経由でインターネット側からブラウザで自宅IPをたたいてみた。

するとそこにはとんでもない画面が・・・

なんとブラウザが返してきたのは自宅のルーターへのパスワード入力を要求する画面だった(涙)。
どうやら数ヶ月前にルーターの設定を変更した際に誤って80番のポートを通過させるようにチェックを入れていたと思われるが、 全然気が付いてなかった。

慌ててポートを塞ぎ、ルーターに関してはそれ以外の設定で見覚えのないものがないかどうかチェックしたが、 とりあえずは大丈夫っぽい模様(甘いか)
かなり長期間に渡って、ルーターのパスワードのみで(ユーザー名は設定変更できないからなぁ・・・その分パスワードは複雑だが)外界にさらされていた事になるので、 ちょっと宅内のマシンどもが心配。でもいまのところ妙な挙動はない・・・と思うんだけどなぁ。

あ、でもその先には常時稼動試験に入って放置していた玄箱が・・・。

投稿者 yamatec : 23:26 | トラックバック (0)

2005年3月21日

楽天ブックスから「玄箱で遊ぼう」が届いた

きたきた。

 鈴木哲哉著  (株)ラトルズ刊

まってました、楽天ブックスさん&日通ペリカン便さん。無事に届けてくれてありがとう。
というわけで先日教えていただいた「玄箱で遊ぼう!!」が手に入りました。

ほんとは先週はじめ、仕事帰りに本屋さんで探したけど、そもそもこの本がありそうなジャンルが無かった。というわけで、 週末にでも大手書店に出かけようと思いつつ、ふと我がブログを見ると「楽天ブックス」のバナーが貼ってある・・・というわけで、 初めてオンラインで本を注文してみました。

さっそく本のタイトルである「玄箱で遊ぼう」で検索をかけると1件ヒット。間違いなく探している本であったのでさっさとカートへポイ。 ちなみに1回の注文が1500円以上なら送料が無料で、なおかつ在庫もあるので1~4日以内に発送可能という表示が出ておりました。

ところが支払い方法を見ると、クレジットカード払いと代引きとちょコム払いのみ。コンビニ払いは選べない模様。しかしちょコム払いが選べるというので興味本位で試してみることにした。
(ちなみに私は昨年、興味だけでSAFETY-PASSを発行してもらい、ついでにちょコム貯金箱を開設していたが、 いままで買い物に使ったことが無かった)
ちょコムの残高が少し足りなかったので、近所のファミリーマートでちょコム貯金箱にチャージ。改めて注文入力をすると、 あっさりと注文ができたようだ。
・・・それから待つこと3日、楽天ブックスさん、まぁなかなか優秀か。週の初めに本が欲しくなった時には、 ちょうど探しに行く手間も省けるし、それなりにポイントでの還元もあるし、欲しい本がはっきりしている時には使える手段かも。

ちなみに「玄箱で遊ぼう!!」の内容はなかなか充実してまして、当初さっさとDebian化してしまおうとしていましたが、 少し躊躇するようになってしまいました。だって標準のままで充分役に立つしなぁ。
でも公開用のDebianマシンも欲しくなってきたのは確かで・・・もう1台ほしいなぁ。

投稿者 yamatec : 00:40 | トラックバック (0)

2005年3月14日

チップセットファンから異音が!

数週間まえから1号機の異音原因が気になっていたものの、 起動してから数分~10分程度でおさまっていたのでそのまま放置するという状況が続いていた。

ところが、その勝手に音がおさまるまでの時間がだんだんと長くなってゆき、 とうとう電源ON中はずっと異音がなりっぱなしという状態になってしまったので仕方なく、休日を利用して原因究明作業にかかることにした。

それにしても1号機のケース内が埃だらけになっていた。それも未だ見たことの無いレベルで・・・、なぜ?
(1.最近お買い物をしていないので増設の為にケースを開けなくなったから
 2.去年、吸気FANを追加したせいで部屋の埃を吸い込み続けたから)
とりあえず掃除機をもってきて大雑把に埃を吸い込む。
いやー、すごかった(笑)

さて、埃も取れたところで、究明作業再開。
まず電源を確認する・・・。問題ない。静音電源はやはり静かなままである。
HDDでもない。こいつらだったら大変な事であった。ひとまずホッとする。
CPUファンはリテール品で、デフォルトで非常にやかましいのであるが、それでも異音というレベルには達していない。
DVDドライブとCD-R、そしてMOドライブも問題ない。FDDは無い。
VGAにはそもそもファンが付いていない。

ざっと眺めてこういう診断をしたあと、ふと視界に入ってきたのがM/B中央に貼り付いているチップセットファンだった。

・・・ん?ファンの回転数が異様に低いように見えるぞ・・・、こいつか。
手で触れてみるとかなりの振動が伝わってくる。間違いなく異音の原因はコイツだ。
というわけで、M/Bからコネクタを引き抜き、ネジを外してヒートシンクからファンを外す。ついでに念のため、 この状態で動かして異音がしないことを確認。
ヒートシンクだけの状態で動かしても大丈夫だと思うのだが、念のためにファンを交換する事にする。

・取り外したファン(埃まみれ)

外したファンは40mm角、12Vで0.13Aと記載されていたので、交換できそうなファンを調達してくる。 だいたい1300円くらいで売っているが、中には3500円くらいするとっても高いものもあった。
交換できるファンは色々あったが、電源のピンだけは3pinのものばかりで、 元々チップセットファンが挿さっていた2pinの端子には直接挿さらない・・・。仕方が無いのでM/ Bの別のFAN端子に挿しておくことにする。
(回転数モニタもできるようになるし)

これだけで作業完了!ケースを元にもどしてテスト起動してもまったく問題なし、しばらく聞きなれていた異音も全くせず。無事に静かな (?)環境が戻ってきたのでした。


・ごちゃっとしたケース内。

投稿者 yamatec : 00:41 | トラックバック (1)

2005年3月13日

玄箱のDebian化でつまづいた

玄箱を入手したらDebian化をまずやらねば・・・という雰囲気のサイトばかり見ていた為か、 なんとなくDebian化したかったのですが・・・。
実際にやってみようとしたらいきなりつまづいてしまいました。(涙)

どこでつまづいたかと言うと、先人の方々の情報を基に「玄箱うぉううぉう♪」からDebian化イメージ(debian_2004_12_26_dist.tgz)をダウンロードしようとして、 リンクが切れている(あるいはメンテ中?【2005.3.12日~13日時点】)為にイメージが入手できず、 根性なしな私はさっさと諦めてしまったのでした。

というわけで、うちのHGは標準インストール状態のまま、とりあえずおとなしいNASとして常時稼動試験に入りましたとさ。

投稿者 yamatec : 22:29 | トラックバック (0)

2005年3月12日

iPodにすごく追い風?

気になりだしたら気になるiPod。
こんどはBMWの純正カーオーディオに接続できるオプションが発売されるらしい。

もっとも、オプションの価格が31500円でiPod/iPod miniに対応しているらしいのだが、iPod miniより確実に高いぞ~。
ってそんなことを気にする人はBMWに乗ってはいけないのか?!

ニュースリリース

投稿者 yamatec : 02:25 | トラックバック (0)

東芝RD-H1がホワイトデーに・・・

ちょっと話題になっているHDDレコーダー、東芝のRD-H1ですが、なかなかの人気のようですね。
直販サイトで1日に2000台の予約を受けて予定数に達したために一旦受付を終了したとか(予約なのですが)。

その後しばらくして、250台だけホワイトデーに予約を受け付けるという発表らしいですが、いったいいつ入荷するのやら・・・

でも直販価格31,990円で250GB搭載でLANにもつながるHDDレコーダーというのはたしかに魅力的な価格設定。 私はDIGAユーザーなのですが、私専用にちょっと欲しいかなーなんてなことも考えたりします。

HDDビデオレコーダー RD-H1 予約受付について

投稿者 yamatec : 02:13 | トラックバック (1)

2005年3月 6日

PC-MM1-H3Sのハードディスク換装検討

うちのモバイルノート、SHARPのPC-MM1-H3Sも実戦配備してからすでに丸2年が経過。日々無駄に持ち運ばれているものの、 巷で評判(?)のHDDクラッシュはいまだに経験していない。

でも、やっぱりHDD容量が15GBというのはなかなかに制限があるもので、重量級アプリで使用頻度の低いものは、 泣く泣く圧縮をかけて容量をかせぐという使い方をするしかなかった・・・。

ところがここ最近AKIBA PC Hotline!を見ていると、我がノートPC-MM1に搭載されているHDD、 東芝のMK1503GAL(5mm厚)と換装が可能なMK2004GALや、 換装できそうなスペックのMK2006GAL(実績不明だが)が割と安価で入手できるようになってきているようだ。

おそらくは、小型HDDプレーヤーが普及してきたおかげだと思うが、なんにせよありがたい話しである。
もっとも、これで換装したとしても15GBが20GBになるだけなので大差ないかもしれないのだが・・・。

 

投稿者 yamatec : 01:11 | トラックバック (0)

iPod miniが少し気になりはじめた

少し前からMP3プレーヤー(というか必ずしもMP3のみというわけではないので、 本来ならシリコンオーディオとかデジタルミュージックプレーヤーって言ったほうがより正確だとは思うのだが)が気になってきている。

きっかけはiPod shuffleの価格、512MBで10980、1GBで16980円という、 ただのフラッシュメモリと大差ない値段に衝撃を受け、それ以来この種類のミュージックプレーヤーにちょっとあこがれてたりする。

とはいえ、現状では電車に乗ることも滅多になく、音楽を聴く時間といったら通勤の車の中だけ。しかもカーナビがMP3のCD- RWに対応しているためにすごく重宝している。
難を言えば、CDに一曲だけ追加したい時でも一旦CDを車から持ち帰り、全部を書き直さないといけないので、 めんどくさがりな私としてはなかなか新曲を追加できないのが不便。

さらにお気に入りの曲なんぞは常時数曲なので、512MBもいらないと思う。きっと128MBでも自分には十分なはず。 そう思ってPCに取り込んだ音楽ファイルの容量を調べると2GBを超えておりました(驚)。
それで少し認識を改め、256MBや512MBの製品を(ここではあえてiPod shuffle以外の製品を候補として)調べてみると、 これが意外に値段が高い。

フラッシュメモリタイプで1GBくらいの製品を買おうとすると、かえってiPod miniの4GBバージョンの方が安いことに気がついた。
たしかにフラッシュメモリタイプなら20gとか30gとか、首からぶら下げても苦にならない重量なのに対しては iPod miniでも100gを超えてちょっとした携帯電話なみの重量になってしまうのが最大のデメリットか。
それでも512MBや1GBに対して4GBや6GBという容量はかなりの魅力があるわけで、 つい容量単価で考えて割安なほうが便利かなと思ったり・・・。

さて、20gほどのお手軽プレーヤーが良いのか、100gほどの容量に余裕のあるプレーヤーが良いのか、 しばらく悩むネタが増えそうです。どっちでもいいから誰かタダでくれないかなぁ。

 

投稿者 yamatec : 00:11 | トラックバック (0)

2005年3月 1日

やはりドコモはPHS撤退か。

先週、一部で情報がリークされて報道された後、ドコモ側からは否定のコメントが出ていたものの、やはり2/ 28付けで正式に発表されたようだ。

当初のリーク通り、新規受付は4月末で終了。その後は2年程度でPHSサービス自体も終了することを検討しているとか。
どうしよう、職場では結構@FreeDを契約している端末がまだあるというのに。

ドコモとしては当然ながら、PHSの後はFOMAへの移行を推進するとか。 いまのところ見えているのは携帯電話サービスへの移行の際の契約事務手数料免除(?)とか、契約期間の引継ぎ(長期利用割引の率に影響)、 端末価格の割引などらしいが、当然といえば当然。

それよりも業務用で使っているPHSと同等価格で同等のサービスをやってくれるのかどうかが一番不安なところ。あと2年程度で、 FOMAベースで、月4000円台で繋ぎ放題のサービスが、しかもPHSと同等以上のエリアで展開してくれるかどうか。
(あまり期待できないような気もするけどなぁ)

やはりPHSではWILLCOMの一人勝ち(というか生き残り)。 これからも充実したサービスを続けてくださいと祈りたくなる気分ですな。

 

投稿者 yamatec : 00:51 | トラックバック (0)