« 2005年3月 | メイン | 2005年5月 »

2005年4月21日

ボーダフォンも通話定額制はじめるって!

いよいよ発表があったらしい。
WILLCOMに続いてボーダフォンも通話定額制を始めるらしい。携帯電話としては初のサービスとなるようだ。

もっともWILLCOMの場合は、同社のPHSなら誰とでも話し放題なのに対して、ボーダフォンの場合は「家族割引」 を設定している家族間に限って定額制となるらしい。
でもでも、これは他の携帯電話キャリアに対して大きく有利なプランになりそう。
うちも家族割引を設定しているけど、携帯料金を抑えるためにWILLCOM×2台に乗り換えようかなぁと、可能性を探っていたところ。

ボーダフォンから乗り換えずにすむのなら、定額315円/1回線を追加してもまだメリットがあると思う。
たぶん、最近少し元気がないボーダフォンから他のキャリアに乗り換えようかな?と考えている人達を立ち止まらせるには、 充分な魅力があるのではないかな?と思う。

同時に発表された他の割引サービス「メール定額」も3G限定だけどなかなかに面白い。ただ月額840円というのは微妙なところ。 添付はつけ放題なのかな?
「デュアルパケット定額」はまぁ、他キャリアでもあったような2段階制のパケット定額方式。 やっぱり3G端末になるとパケット料金が大変なんだろうなぁ。

特定の相手との通話に限って、WILLCOMとボーダフォンの料金を比較してみると・・・
・WILLCOM:2台(ファミリーパック)で、5,100円/ 月のみ。
・Vodafone:2台(ライトコールパック)で、3,500円+1,750円+630円(315円×2)=5,880円/ 月
となり、 VodaoneよりもWILLCOMが780円/ 月ほど安い計算になる。
(注: ライトコールパックと通話定額を併用できるかは現在不明)

ただし、さらにハッピーボーナスまで併用できると考えた場合は、 2,975円+1,487円+630円(315円×2)=5,092円/月となり、 WILLCOMよりもVodafoneが8円/ 月安い計算となるが、そこまで都合よくサービスしてくれるのかどうか??

もっとも、単純な通話だけでなく、例えばWILLCOMなら32K~の通信で有利だったり、 Vodafoneなら高機能端末が色々選べたりと、色んな要素が加わってくるので実際にはもっとフクザツだったりするのですが。
でもちょっと、「家族通話定額」サービスは7月1日~、っというのが待ち遠しい。

投稿者 yamatec : 00:47 | トラックバック (2)

2005年4月19日

AdobeがMacromediaを買収!?

えっ、ホントに?
INTERNET Watchを読んでるとこんな記事があった。

どうやら米Adobe Systems社(お仕事の都合上AcrobatとかPhotoshopで日常的にお世話になります)が、 米Macromedia社(これもまた日常的にFLASHでお世話になります)を買収することになったらしい。

なんだかなー、2つあってお互いの領域で頑張ってくれていたほうが良いような気がするんだけどなぁ・・・

合併ということならば、そのうちAdobe DeramweaverとかAdobe FLSHとかが出てくるわけですな。
なんだかとてもフクザツな気分。

投稿者 yamatec : 00:33 | トラックバック (0)

2005年4月16日

花粉と戦うボックスティッシュ(鼻セレブ)

今年のスギ花粉のピークは通り過ぎたようで、少しは楽になったものの、 それでもまだヒノキ花粉に反応しているのかハウスダストの影響か、鼻水がダラダラと垂れてくる毎日・・・。

垂れ流しっぱなしにしておくわけにもいかないので頻繁に鼻をかむことになりますが、 普通のティッシュペーパーでかみ続けるとすぐに鼻の下が赤くなってきて、とても痛くなってしまいます。
そんなわけで、気持ちよく鼻をかむ為にとうとう高級ティッシュに手を出してしまいました。

まず最初に試したのが、ネピアの「ネピアモイスチャーティッシュ」(あらら、すでに商品ラインアップから消えてる様子)

※普通のボックスティッシュの倍くらいの高さがあります。

なかなか良い肌触り(というか鼻触り)で、厚みもあるのか大量に鼻が出たとき(笑)のホールド感もなかなかのもの。

次に目を引いたのが同じくネピアの「鼻セレブ

※大きさもさることながら、箱のデザインが目立ちます。

この「鼻セレブ」には正直驚きました。これを最初に使ったときは、 既に普通のティッシュのおかげで鼻の下がマッカッカ。とっても痛い状態だったのですが、そんな状態でもこの「鼻セレブ」を使うとぜんぜん痛くなかったのです!
手に取った感じではまず、しっとりとした感触で「ひょっとしてウエットティッシュ?」(ちょっとオーバーだが。 もちろんウエットティッシュじゃないよって箱にも説明が書いてあります)ってな気がしました。
説明によれば、独自の保湿成分+空気中の水分を捕まえてティッシュ自体をしっとりさせるのだとか。なるほど、 ウエットティッシュだと開けっ放しで放置したらすぐに乾いちゃいますからねぇ。
あと前述の「ネピアモイスチャーティッシュ」もそうですが、この「鼻セレブ」も厚みがあるのか、安心して鼻をかめます。 勢いで破れてしまうってことが滅多にありません。

というわけですっかり気に入った為、職場では机の上に常駐させてます。「誰でもご自由にどうぞ! でも1枚1円なので気に入ったら自分で買ってね」とアナウンスしてますが、なかなか好評なようで、徐々に普及していっている様子。 もちろん私自身は自宅でもストックしてます。

値段が普通のティッシュの倍以上するのがネックですが(だから1個ずつ売っているのかな?だいたい1箱200円~250円くらいです) 、それでもティッシュを大量に使うこの時期にはありがたみを実感できます。また風邪をひいた時などにもきっと強い見方になってくれる筈。 ということで大変おすすめです。

投稿者 yamatec : 11:16 | トラックバック (0)

2005年4月 4日

花粉と戦うクリーム(花粉バスター)

先日試して効果の高かった目薬(アルガードクールEX)に引き続き、今度はクリームを試してみた。

試したのは鼻の下(鼻の入り口付近)に塗るタイプのクリームで、商品名は「花粉バスター」となっている。

 こんな感じで、少し小さくて目立たないパッケージだった。

鼻の入り口付近に塗っておくことで、花粉を吸い込む前にキャッチしてしまおうという「ほんとに効くのかぁ?」 と思わせる商品だったのだが、それでも花粉の辛さが多少でも緩和できるならば・・・という事で試してみた。

まず極少量をチューブから出して鼻の入り口付近に塗ってみる。割と柔らかい感じのクリームで(オロナイン軟膏などよりも薄い感触)、 慣れないミント系のにおいがして少し「げげっ、、」という感想だったのだが、意外とすぐに慣れて、鼻がスーッとしてきた。

朝、出勤前に塗って出て、だいたいお昼くらいまでは若干楽な感じ、、効いているのかたまたまなのか。
それでもさすがにお昼をすぎて鼻をかみだすと、あっと言う間にクリームが流れてしまったのか、どんどん鼻水が垂れてくる。(とほほほ)
そういう状態になってからクリームを塗りなおしても、すぐに鼻をかむせいで効果が上がらない模様。 この辺りがちょっと弱点なのではないかと感じた。

ちなみに、話題を聞いてから購入するまでに数軒のドラッグストアをまわったが、店員に聞いても「あぁ、あれはまだ入荷してないです」 と言った話しが多く聞かれた。
偶然近所のドラッグストアで見つけたのだが、パッケージが全体に小さくて見つけにくいようだ。

希望小売価格¥1500円(税別)、店頭価格¥980(税込み)、内容量は12g、なぜか販売名はクリアワンクリームとなっていて、 でもパッケージは「花粉バスター」なんですよね。まぁ判りやすいけど。
まだまだ花粉のシーズンは続くようなので、興味のある方は一度お試しあれ。

※ただし効能や感触については個人差が大きいと思われますので参考程度と考えて下さい。

投稿者 yamatec : 00:56 | トラックバック (0)

2005年4月 1日

おばけ探知機能付きUSBメモリ発売

なんだ、なんだこのニュースは!?

PCwatch(イソプレスのPCうぉっちの方じゃないよ、念のため) に妙な記事が載っていた。
おばけ探知機能付きUSBメモリが(株)ソリッドアライアンスから発売・・・。

しかも同社リンク先には専用Webページまで用意されている気合の入れよう。
ニュースリリースによれば「空間における磁場の変化と、測定者の身体的変化を特殊センサーで検出し、云々」との記載が・・・、そんでもって、 発見報告?の場所を共有するページまで準備されていた。

これで128MB~512MBまでのラインアップで9800円~19800円という、 ちょっと高いけど微妙にそそられる製品かも(^_^;
でも実際使ってて、例えば深夜の職場とかで急に検知しだしたら、すっごく仕事どころじゃなくなりそうな気がするのだが・・・コワー。

・・・これって本気なの?それともエイプリルフールネタ?すっごい微妙な記事、ソリッドアライアンスさん。

投稿者 yamatec : 23:01 | トラックバック (0)

とうとう高速道路の回数券販売が終わっちゃいました

全国的に・・・だと思いますが、

とうとう3/31をもって、高速道路の回数券販売が終了してしまいました。
手持ちの回数券は8/31までは使用可能とのことなので、とりあえず100枚は買っておきましたが、 今の使用ペースなら1ヶ月半というところか。
(料金所で100回券ちょうだいって言ったら「何冊いるか?」って聞かれた、初めての経験だわ(笑)。 きっと買いだめしている人が多いんだろうなぁ)

いよいよ回数券を使い切ってしまったらETC走行に切り替えざるをえない訳ですが(そういえば4/1からETCのマイレージサービス申込みができるようですね)、困ったことに阪神高速の走行分についてはまだマイレージのポイントが付かないらしいです。

それに、割引率も低い。
いままでの回数券であれば約18%の割引だったのに対して、ETCマイレージの割引率は最大でも13.8%と、気持ち5% も低いままなのです。
(だから、阪神高速はETCへの移行策として期間限定で5%の割引を上乗せしてるのねん)
これが、前払い割引とマイレージ割引を併用できるというなら喜んで使うのですが、 実際のところはマイレージと前払い割引は併用できないとの事で・・・、通勤で高速を使わざるをえないのに、 会社からは高速代が出ないという私のような環境の人にはとても負担が大きい愚策となってしまっているのでした。

投稿者 yamatec : 00:58 | トラックバック (0)

玄箱/HGでDDNSをアップデートさせてみる

いまだにDebian化していない我が家の標準インストールバージョン玄箱/HG・・・、 とりあえずNTPへの同期には成功したようで(内蔵の時計はかなり精度が悪いらしいが)、いまのところちゃんと同期がとれているようで、 時刻は正確な様子。

さて、お次に定期的にやらせておく作業の定番としては、DDNSへの登録アップデートかな?ということで、先日入手した 「玄箱で遊ぼう!」をもとに、 標準インストールの玄箱でDDNSのアップデートをさせようとした。

ところが、「玄箱で遊ぼう!」の例では「DynDNS.org」のサイトのサービスを使う事例で解説してくれているのだが、 私がずっと使わせてもらっている「家サーバープロジェクト」 ではうまくアップデートをかける方法が判らなかった為に少してこずる・・・。

でもよく探してみると、ありがたいことに「家サーバープロジェクト」 自体がDDNSをアップデートするPerlスクリプトを公開しててくれたので、ダウンロードして使わせてもらうことにした。
でも・・・、玄箱自体にはすでにPerlの実行環境はできていたが、実際にダウンしたスクリプトを実行してみるとうまくいかない。 どうやらwgetという命令が実行できないらしい。
途方にくれつつも、wgetが何なのか検索サイトで調べてみると、嬉しいことに詳しい説明からダウンロード先、 インストール方法まで解説してくれているサイトが沢山あったので早速ダウンロード。

玄箱付属の開発環境もインストール済みだったので、wgetを説明通りインストールしてみる。
”./configure”
でコンパイルが始まり・・・しばらくすると無事に帰ってきた。
次に、
”make”
すると・・・なにかメッセージを返してきた模様。うーん素人さんなので良くわからん。
とりあえず次の手順、
”make install”
をやってみると、やはりエラーになる・・・とほほ。
どうも何かのライブラリが足りないよ、という内容らしいがどこにあるか判らないので、 玄箱付属CDからそれらしいファイルを適当に解凍してみる。すると、
”make”
が無事に通った様子。でもまだ、
”make install”
が通らない・・・なぜ? ダメもとで
”make clear”
を入力したあとに再び
”make install”
を試すと、無事にインストールが出来上がり!いやー、難しいわ。

これでようやくddbs-update.plが実行できるようになり、 実際にターミナルから実行させた時にはDDNSの更新に成功した・・・のだが、まだ素人ならではの問題が残っていた。

自動実行させようとcrontab(/etc/crontab)に書き込み、crontab /etc/crontab と設定しておいても、なぜか正常に更新できない。
なぜ??たしかにcrontabに設定した時間になるとddns-updateのログファイルは作られているのに、 なぜか正常に更新できない。調べてみるとcurrent_ipの内容が空・・・、wgetが呼び出せていないようだった・・・。

さんざん悩んだ挙句、crontabの設定を見てみると、上の方にPATH=/bin~~と書かれている・・・。 そういえばwgetはどこにあるのだろう?と思い探してみても、PATHの通ったところには存在しない模様・・・。そう、 単純にPATHが通っていなかっただけなのでした。(Windowsにどっぷり浸かっているせいか、PATHの存在そのものを忘れていた。 悪しき習慣だわ。ちなみにwgetは/usr/local/の下で発見しました。)

というわけで無事、DDNSのアップデートもできるようになった玄箱/HGちゃん(ノーマル仕様)、 いったいどこまでノーマル仕様のままで行くのやら。

投稿者 yamatec : 00:42 | トラックバック (0)