« 2005年4月 | メイン | 2005年6月 »

2005年5月16日

ああっ女神さまっ

ここ数年、女神さまっの単行本を買ってなかったのですが(っていうか何巻まで読んでたか思い出せないのですが)、 2000年ごろに映画化してたんですね。
ちょうど「とてつもなく忙しかった」頃だったんで、まったくチェックしてませんでした。

でもって、いまさらながら観てみましたが、やっぱり良いですねぇ。なんか仕事も何も忘れて、 ちょっとホッとする空間が頭の中にできあがったような、そんな感覚にしばし浸っておりました、この休日。

また仕事帰りにでも本屋さんで買ってこようかなぁ。でも本当に何巻まで読んだか覚えてないから、 数年前に封印した本棚をなんとかせねばならんなぁ。

そういえばTBS系ではアニメ化されているらしいですが、早く全国(地上波)でオンエアしてもらえないもんでしょうかねぇ・・・。

投稿者 yamatec : 01:31 | トラックバック (0)

2005年5月 9日

続・ベランダに猫がいた

昨日、三毛野良の進入路となっている左隣方との間のベランダ手すり部分に少し細工をしてみた。
といっても、猫が通れない程度の間隔で透明なプラ棒を数本出して通せんぼしただけなのだが・・・。

そして今日、右隣方との境界部分に置いてあったペットボトルが倒れていた。

きっと今日もやって来たに違いない。面白いヤツである。

さぁ、こんどはどんな手を打つか・・・、あまり手荒なことはしたくないので、 いっそ猫ご飯でもベランダに置いて三毛野良と仲良くなってから、置き土産するなとお願いするか。

投稿者 yamatec : 23:58 | トラックバック (0)

2005年5月 7日

ベランダに猫がいた

雨上がりの昼下がり、何の気なしにベランダに目をやると猫がいた。

うちはマンションの2階。左隣さん方からウチのベランダに、手すりを伝ってちょうど進入してくるところだった。(笑)
猫は近所で見覚えのある三毛野良。私の車の上でも暖をとっているところを見かけるヤツである。思わず気配を消して猫の行動を追跡してみると、 うちのベランダに着地後、そのまま右隣さん方へと歩いていった。

そして、姿が見えなくなったと思ったら、5分ほどして今度は、逆に右隣さん方から左隣さん方へと帰っていく姿を見かけた。

猫が去った後に右隣さん方方向を観察すると、ベランダの花壇部分(と思われる)に天然肥料を置いていっている模様。 細長いカタマリが数本見える。
(そういえばウチの玄関先に放置していた植木鉢にも、天然肥料を土産に置いていってくれた猫がいたなぁ、こいつだったのか?)

どうやら右隣さん方のベランダが”天然肥料”置き場にされてしまっているらしい。でも微妙にウチにも入っているのだが。
さて、うちが通り道にされないようにする為にはどうしたものか・・・水入りペットボトルって効果あるのかなぁ? でも右隣さん方への進入経路を阻むと、こんどはウチに置き土産してくれそうだしなぁ。

投稿者 yamatec : 15:22 | トラックバック (0)

2005年5月 6日

Link Playerのファームウェアをアップデート

先日入手したばかりのAVel Link Player (AVLP2/DVDLJ)だが、ネットワーク (主にゲートウェイの設定)をちゃんと入れてみると、新しいファームウェアがあるらしいということが表示された。 (ファームウェアが更新されているかどうか、設定画面からチェックすることができるのですね)

それでは早速、ということでアップデートをかけてみた。
時間にして約5分程度だったろうか、正確には測っていないがダウンロードからフラッシュの書き換えが完了して再起動するまでで、 だいたい5分くらいだったはず。

アップデートしてみて、もう一度更新チェックをしてみると、 さっきまでは無かったファイルシステムの更新なんていうメニューが出ていた。(そういえば、 ファームウェアアップデートの前に表示された説明にも、ファーム更新後にファイルシステムの更新も実行するようにと書いてあった気がする)
というわけで、何も考えずこちらもアップデート。ファームウェアのアップデートよりもいくぶんか早いようで、3分程度で終わった(と思う)。

アップデート後に操作をしてみると、なにやらサーバーの項目に見慣れないものが1つ増えてる。 インターネットラジオが聞けるようになったとかどうとか書いてあるが、今のところ興味が沸かないので後日試してみることにして、 それよりも120fpsのデータの再生が少しだけできるようになったのに関心した。といっても本当に120fpsのデータを再生していると、 10分くらいで1秒ほど音がズレていくので、まだ実用的ではないのだけれど・・・、これはまた、 いずれファームウェアがチューンされることがあれば120fpsのまともな再生も可能性が出てきたというわけで、将来に期待。
あとは、微妙にリモコンの操作感覚が変わったような・・・、あまりさわっていなかったのでうろ覚えだが、 早送り中に決定ボタンでPLAYに移っていたのが、ちゃんと再生ボタンを押さないといけなくなっているような・・・ あえてキー定義を厳密にしたのかなぁ?
それに画面モード/フォントが微妙に変わっているのか、wizd改造版のデフォルトの背景(罫線)とデータ一覧の改行ピッチがあわなくなったが、 再度画面モードをComposite/S-Video NTSC JAPANに設定しなおすと元どおりちゃんと合うようになった。
(合わなくても大して気にはならんところだが)

というわけですっかりお気に入りです。
長年、TVラックの一角を占領していたLDプレーヤー(コンセントすら繋がれていなかった)にも場所を譲ってもらい定位置も決まったので、 これからドンドン働いてもらいましょう。

※メーカーさんのサイトより拝借

投稿者 yamatec : 00:18 | トラックバック (0)

2005年5月 5日

さすらいペット旅情編2を貼り付けた

なんの気の迷いか、ここの左下に「さすらいペット旅情編2」を貼り付けてみた。

さっそく、愛知万博まで飛ばしてみたが、うちからは休憩を2回挟んで6時間ほどで到着した模様。
ということは、車で移動しているくらいの時間かな?

けなげに飛んでいる姿をみると、ついボーっと見とれてしまう。
たまに雲の間に、近くを飛ぶ同類が見えるのがまた面白くって(^_^)

投稿者 yamatec : 16:00 | トラックバック (0)

AVel Link Playerを入手、さっそく使ってみた

ネットワークメディアプレーヤーとでも呼べば良いんだろうか?見た目はDVDプレーヤーの形をした、ネットワーク上の (或いはDVDメディアに書き込んだ)mpegやDivxなどの動画データを再生して、TVで見ることのできる装置。

初代機が市場に出た頃からずっと気になっていたんだが、いまいち再生互換性が心配というか、それほどデータも持っていないし、 どうしてもTVで見たいものはDVD-RWにDVD-Video形式で書き込んでしまえば良いという逃げ道もあったのでなかなか購入に踏切れなかった。

そうこうしているうちに、この手の市場も盛り上がってきたのか (或いはNASとTVチューナーの用途提案の一環として必要だったからか)、バッファローさんもI/Oデータさんも次々に新機種を投入し、 今では無線LANまで内蔵(しかも802.11g/b対応)のものが主力機になっている様子だ。
価格改定も激しいようで、先日(5月1日)のI/Oデータさんの価格改定では、無線LAN内蔵モデルと省いたモデルの価格差が3千円程度と、 かなり詰まってきているようだ。

もちろん価格が同じなら最新&最上位の無線LAN内蔵モデルを入手したほうが何かと楽ができるはずなのだが・・・、 あいにく私の家の中には有線LANが張り巡らされているし、LANの端末を増やすくらいくらいの配線工事は朝飯前だ (実際には夕食をテーブルに並べている間にやってしまったのだが)。なので上位機種には興味が沸かない。
というわけで、今回はI/OデータさんのAVel Link Player : AVLP2/DVDLJ(無線LANとDVI出力無し品)を入手してきました。

事前に我が家の玄箱HG(ノーマル仕様OS)にwizd改造版(wizd-0.12g)をインストールしておいたので、AVel Link PlayerをLANに接続して電源を入れるとすぐに、サーバーの名前が一覧表示された。ちゃんとAVel Link Playerでも認識してくれるようです。
というわけで、Link Playerの設置作業自体はDHCPも稼動していたので本当にあっけなく、 まるで家電機器のように電源を入れるだけであっさり動いてくれました。(ちょっと意外?)

早速、玄箱上の動画データを再生してみると、 噂通り120fpsという高いフレームレートでエンコードしたDivxのファイルはまともに再生できませんでしたが、 それ以外の24fpsや30fpsといったファイルについては問題なく、いやTVで見る限りキレイに、 実は心配していた音飛びやコマ落ちなどもなく再生されました。(ウチの有線LANは、割と負荷がかかっている時があるので・・・)

これでやっと、リビングのTVでDivx化したビデオを観ることができるようになった。めでたい。
(っていうかウチって、PCは何台もあるのにTVは1台しか無いというのが不思議・・・)

投稿者 yamatec : 00:59 | トラックバック (0)

2005年5月 3日

むむむ、微妙なデジタルオーディオプレーヤーが・・・

iPod shuffleの発売以来とても賑わっている感じのあるデジタルオーディオプレーヤー市場ですが、 私的にも何か一つくらい音楽を身に付けておくすべが欲しいなと思っているこの頃。

いまのところの候補としては、4GB版のiPod mini(本体色がキレイ、容量がそこそこ大きい、でも重い)、 PanasonicのD-snap audio SD100V(小さい軽い、でも割高)、 ってなところで心が揺れ動き、 もうひとつキャンペーンでも打ってくれると決め手になりそうなところにある商品が他にもたくさんあるのですが、、

先日店頭でフト見慣れぬ形のプレーヤーを見かけたので手にとってみてみると、 それはとんでもなく微妙なところを突いてきた製品なのでした。

※メーカーさんのサイトより拝借

一瞬、携帯ラジオのコーナーからはみ出して陳列されているのか?!と思わせる形と大きさ。 でもボディーカラーは明らかにデジタルオーディオプレーヤー向けにチョイスされている感触。
じっくりみてみるとそれは、デジタルオーディオプレーヤーには初参入?(記憶が正しければ)となるシャープさんの製品でした。 ちなみに型番はMP-A100(256MB)/MP-A200(512MB)でした。

メモリ容量はいたって普通、いや既に1GBクラスも当たり前になってきているのでちょっと少ない? いや実用的な少なさとでも表現するべきか。
カードラジオ風な見た目通り(?)FMチューナーも内蔵しており、ついでに録音もできるとか。ボイスレコーダーにもなる模様。
そして一番気になったのが、FMトランスミッター内蔵。なんと本体だけでFMラジオに音楽を送信することができるという、 とっても微妙に欲しいと思ってた機能を内蔵しているらしいのだ。

なんと微妙なところを攻めてくるシャープさん。
たしかにトランスミッター内蔵は嬉しいし、ボイスレコーダーも欲しいし、電池込みで70gというのも微妙なところだし、機能的にとても 「ちょうど良い」ところを突いてきた製品のような気がする・・・。
たしかに今、Voice-Trek DM-20にMP3を入れてオーディオプレーヤー代わりに使っている身にとっては、 1台で全ての機能を肩代わりしてくれる軽量な商品としてありがたいのですが。

あぁ、これでまた私の中で選択肢が増えてしまいました。しばらくは収束しそうにありません。
(※携帯電話のバッテリーがすんごく長持ちするのなら、一番簡単に解決するのですが)

投稿者 yamatec : 01:23 | トラックバック (0)

2005年5月 2日

ETCマイレージ登録をしてみた

4月1日からインターネットでの登録受付が始まっていた「ETCマイレージ登録」だが、なんとなく信頼できないというか妙な不安があったので、 登録を躊躇してはや1ヶ月。
5月31日までに登録しておかないと、4月1日以降の利用分にさかのぼってポイントを付けてもらうサービスが受けられないらしいので、 もうそろそろ良いかな?と思って登録ページに飛んでみた。

用意する物としては、1.ETCマイレージを設定するカード、2.ETC車載機の管理番号 (購入時の書類や箱などに書いてある番号ですね)、3.ETCを付けている車のナンバー(4桁の数字のみ)、 の3点の情報を入力する必要があるようです。

まずは利用規約に同意して先に進み、前述で用意した情報および住所&氏名&電話番号やメールアドレスを入力 (IDとパスワードを郵送する為に必要だそうです)、して登録。
すると確認画面が出るので更に先へ・・・、あっさりと登録完了になります。

そして、無事にシステムが落ちることもなく入力完了したとホッとしたのもつかの間、登録完了のページに表示されている、 ページのトップへ戻る、というボタンを押すと、リンク切れとなっておりました。
(どうやらリンク先のアドレスに要らないものが付いている模様)

なんとなく不安が残るものの、とりあえずは無事に完了したということでメールも無事に届き、あとはID& パスワードが郵送されてくるのを待つのみ・・・。

投稿者 yamatec : 14:24 | トラックバック (0)

アップルティーのカタマリを試してみたら・・・

先日のアップルティー。
GWで時間ができたので試してみた。

もちろんカップに茶漉しという、一番手軽な方法で・・・。

4粒ほど茶漉しに入れてお湯をそそぐと、想像を絶する細かな茶葉になり、みごとに茶漉しの網をすり抜けてカップ底にたまるたまる。
というわけで、茶漉しは全く無力でありました。ちゃんと今度からはティーポットを用意しましょう。

そして、出来上がった紅茶の味ですが、底に茶葉がたまっているために、ゆっくり飲んでいるとどんどん濃くなってくる(涙)、、 ゆったりと味わう余裕はありませんでしたとさ。

投稿者 yamatec : 09:56 | トラックバック (0)

2005年5月 1日

最近安くなったと感じる物、安くならないと感じる物

つい先日、某PCパーツ売り場のワゴンを見て、
「2.5”HDD(9.5mm)80GB ¥10,480-」てなことが書いてあるのに気が付いて、「えー、 いつの間にこんなに安くなったのん?!」と思ってしまった。
どうやら最近、PCパーツの値動きに頭がついていってないらしい。

じっくり周囲を見回してみると、意外とそんなふうに感じるものが多いことに改めて気が付いた。

例えば、「17型SXGA液晶ディスプレイ ¥29,800-」、「15型XGA液晶ディスプレイ ¥24,800-」、 「13型液晶TV ¥34,800-」なんていう、液晶がらみの製品が安く感じられたり、
「PC3200 DDR-SDRAM 512MB ¥3,980-」とか、「1GB CFカード(SANDISK) ¥10,000-」 なんてのも実は衝撃をうけたりしてた。

DVDメディアも、「DVD-R(国内メーカー品)が10枚¥1,000-」だったり、「DVD-RAM(国内メーカー品) が5枚で¥1,000-」だった事に驚いたりした。(※しばらく怪しげなメディアしか買ってなかったので)
そういえば、一眼レフデジカメも最近では10万円で買えるらしいっすね、、(Olympus E-10ユーザーです私、とほほ。)

これだけ色んな物が安くなってきているのなら、うちのPC(Celeron 2.4GHz)もちょっとグレードアップしたいなーとCPUを見てみると、
「Pentium4(Socket478)3GHz ¥20,000-」なんていう、ほとんど去年から値動きがないじゃないかー!と、 叫びたくなるような結末でした。ちゃんちゃん。

投稿者 yamatec : 01:34 | トラックバック (0)

アップルティーのカタマリを買ってみた

先日、雑貨屋さんでブラブラしていたところ、こんなものが目に留まった。

試験管状のガラスに入った、アップルティーの素らしい。

自称「紅茶派」なのについ”手軽に作れるから”という理由でコーヒーばかり飲んでる私としては、非常に気になる存在。
手にとってじっくり見てみると、中にハート型をした固形物が詰まっており、よく説明を見なかった私はつい 「これを数粒いれてお湯をそそげば紅茶になるに違いない、~それは便利そうだ。」ということで試しに1本購入。約500円也。

ちなみに店頭にはこのシリーズで、アップルティー以外にも定番のアールグレイやらダージリンやら、 ついでに砂糖までもがラインアップされておりました。
実のところ、数種類買ってみて試験管立てのようなものに立てて飾っておくのも良いかなと思っていたのですが、、、 ちょっと単価が高かったのでそれは断念。

試しに買った1本を家に持ち帰って「さぁ、試しに飲んでみよう」と思い、説明書きをじっくり読んでみると、 「中身のハート状の物体は紅茶の葉っぱを固めたもの」だそうで、 これを3~4粒ティーポットにいれてお湯をそそぐと本来の茶葉に戻るのだとか!

ということは、お湯入れてかき混ぜるだけで手軽に・・・という夢はあっという間に散ってしまったのでした。
まぁ茶漉しに入れればなんとかなるんですがね・・・。
ちなみに賞味期限は2006年9月。まだまだ先なので、気が向いた時にゆっくりと味わうことにしよう。

投稿者 yamatec : 00:52 | トラックバック (0)