« 2005年8月 | メイン | 2005年10月 »

2005年9月23日

オークション出品までの道のり

かなり前、う~んと、Yahooオークションが有料化される前くらいまで、 要らなくなったものの売却やちょっとしたパーツの入手によくネットオークションを利用していたけど、割と発送が手間だったり、 有料化で固定費を払うのが面倒だったりしたのと、いいかげん売るものも買うものも無くなったというので、ここ数年遠ざかっていたんですね。

ところがここのところ、使わないアイテムがまた増えてきて部屋が狭くなってきた(笑)のと、 ノートPCを新調したおかげでちょっとサイフの中身が寂しくなってきた事もあって、再度オークションに出品しようかな? なんてことを考えるようになってきた。

さて、出品することに決めたらまずは手続きということで、一応使った経験のあるYahooオークションを覗いてみると、 やはり利用登録の手順が増えている。ざっと、

ステップ1:Yahoo!JAPAN IDの登録
ステップ2:オークションユーザー登録
ステップ3:メールアドレスの確認手続き
ステップ4:Yahoo!プレミアム会員への登録
ステップ5:住所の確認(郵送住所確認)

という感じで、上から順に処理していくことになる。

ステップ1については、 既にYahoo!JAPAN IDを持っているので、そのIDでログインすればOK。
ステップ2は、 メールアドレスや自己紹介文の登録で、これも以前に利用していたものが引き継がれていたので、ちょっとした修正でクリア。
ステップ3は、 登録してあるメールアドレスがちゃんと使えるかどうか?という確認の為に、申し込むとYahoo側からメールが送信されてくる。
送信されてきたメールに書かれているアドレスへアクセスすれば、メールアドレスの確認は完了ということで、ここも難なくクリアして、 次のステップへ。
ステップ4では、 Yahoo!の有料サービスを利用するため(オークションももちろん有料サービスの1つ)に、 会費の引落とし口座情報などを登録する必要があり、カード決済にしてしまえば簡単にクリアできるはずなのだが・・・、 銀行引落としにする場合は、いきなりここのページから登録することが実はできなくて、 事前に引落とし口座を設定する銀行(例えばジャパンネット銀行など) のページにログインして、Yahoo!への引落としの登録を事前に済ませておく必要があるのでちょっと面倒。
まずはジャパンネット銀行(以下JNB)にログインして 「口座自動振替契約申込み」のページへ行き、Yahoo!JAPANのYahoo!ウォレットを選択。 その後オークションに利用するYahoo!JAPAN IDを入力して申し込むと、 約2営業日後にYahoo側へデータが届くらしい(実際には申請の翌日にJNBから登録完了のメールが届いてましたが)
で、JNB側からYahoo側へ振替のデータが届いた時点で、再度ステップ4の登録処理へ・・・、やっと会員登録ができるようになりました。

このステップ4までで、オークション入札はできるようになるのですが、私の今回の目的は出品なので、 さらに次のステップへ進む必要があります。

ステップ5では、 出品者として登録されている住所が正しいものであるかどうかを確認するために、Yahooから配達証明郵便でパスワードが送られてきます。 (申込みから3~4日後らしい)
パスワードが送られてきたら、再度ステップ5のページでパスワード入力を行うことで、住所が正しいものであると判断されて、 全ての登録が完了します。
(Yahoo!BBの会員であれば、こんな手間はかからないらしいですね・・・)

ここまで何ステップも確認が必要になるなんて、 有料化以前にオークション利用をしていた頃から考えれば面倒になったなぁと思うのですが、それでも、 実際に出品や入札を行う時のことを考えれば、かなり安心感は得られるようになったかな?

かく言う私は、現在ステップ5の郵送到着待ち状態なのですが、その間に出品物の写真をきれいに撮影したり、 紹介文を書いたり編集したり、やることが多くて結構大変だったりします。
オークション登録(正確にはYahooプレミアム会員としての登録) を有効にしている間は会費294円/月が発生するので、はなるべく早いサイクルで数多く出品しないと勿体ないですね(笑)

あぁ、出品物撮影用の簡易ブースが必要だなぁ、オークションで安く出てないかなぁ(^_^;

投稿者 yamatec : 15:31 | トラックバック (0)

2005年9月18日

無線LANはAES?TKIP?

我が家の無線LAN環境は、ずいぶんと長い間世の中の傾向を無視して.11bのみで利用してました。
そもそも家の中は有線LANを要所要所に配線してあるので、 わざわざ無線LANを増速するなんてことは考えもしなかったのですね(^_^;
おかげで、.11aや.11g、さらにはSuper-GやらMIMOなんて呼ばれるものが世の中にあふれている事は聞いているものの、 それぞれの違いやメリットなんて全然頭に入っていないという、とってもヤバい状態になっておりました。

ところが、ここ最近になって新しいノートPCを2台ほど調達し、どちらも.11g内蔵だったことと、 .11bのアクセスポイントで動画データを流した時に通信速度が追いつかないことがはっきりと判明。
(今までは古いノートばかりだったので、 あまり重いデータを無線でやりとりする事がなかったのですね)
しかも今までは古いPDAでも無線LANを使えるように、 WEPを64bitにして運用しておりました。(端末のドライバの都合でWEPなしという時期もありましたが、さすがに最近は怖いですからねぇ)
というわけで、 いよいよ.11bのアクセスポイントから.11gのアクセスポイントへリプレース、やっと世間様に少し追いついたかな~? と喜んでおりました。

20050918_1 →  20050918_2
※WBR75H(.11b) → WR6600H(白い方。.11a/b/g)
ちなみに新しいアクセスポイントというのはWR6600Hのことを指してます。 .11aのW53対応ですでに旧型機となってしまっておりますね。

新しい親機(WR6600H)へのリプレース当初は、新しいノートPCのセッティングに明け暮れていたので、 暗号化の設定は何も考えずに一番強力そうなWPA-AESに設定してたのですが、ふと古いノートPCを引っ張りだした時に、 どう設定してもWPA-TKIPまでしか設定できず、WPA-AESでは通信できないことが判ってきました。
さて、そうなると、せっかく暗号的に強力そうなAESが使える環境があるというのに、古いノートPCの為にTKIPで運用するか、 それとも古いノートPCの内蔵無線LANを使わない事にするか迷うところ・・・、いやそもそも、TKIPとAESってどう違うの? という疑問が沸いてきました。
(ちなみに古いノートPCって、ムラマサ PC-MM1-H3Sの事をさしてます)

良くわからないまま調べてみると、TKIPもAESも通常使う分には充分強力な暗号化だけれども、比較するとAESの方がより強固で、 かつハードウェア処理できる分、ソフト処理を前提としたTKIPよりもスピード面で有利、らしい事。 それとTKIPの方が互換性は高い事(実際に古いPCでもOKだった) が判った。
たしかに暗号強度は多少気になるものの、TKIPを使えば古いノートPCでも内蔵LANを使えるので便利。 でもスピード面でTKIPがどの程度落ち込むのかが気になるところ。(あまりに落ちるなら、 いっそ古いノートPCの内蔵無線LANを使わないという選択肢もあり)

さて、迷った時は実験ということで、宅内環境で試してみる事に・・・。
実際の使用環境で、ファイルサーバーから約90MBのファイルをFTPで転送した時間を計ってみた結果、
【WPA-AESの場合】
37 sec (2438 KB/s)
【WPA-TKIPの場合】
39 sec (2313 KB/s)
という事で、やはり事前情報通り AESよりもTKIPの方が若干遅いという結果に・・・。
(参考までに.11bでWPA-TKIPだと、240secほどかかりました。 やっぱり.11gは速~い!)

たしかに実験結果ではTKIPの方が落ち込むものの、その差はせいぜい-100KB/s程度(-5%くらいか)。このくらいならばまぁ体感できる差ではないし、 古いノートPCを活用できるメリットの方が大きいから、当面うちの無線LAN環境はTKIP設定にしておこうかな。

ちなみに、.11gアクセスポイントのWR6600Hの取説には 「親機をTKIPに設定しておいた場合は子機がAESでもTKIPでも接続できます」みたいな事がさらっと書いてあったが、 うちの環境では全くつながりませんでした。この記載の意味するところは今のところ判りません。 (内蔵無線LANではなくNEC純正の子機を使うのならOKなのかな?)

投稿者 yamatec : 02:05 | トラックバック (1)

2005年9月14日

パソリ(PaSoRi)を1050円で手に入れる方法

最近になってやっと「じわじわ」っと見かけるようになってきましたね、Felica。
SuicaやIcoca、Edy、おサイフ携帯なんかでもう使ってるよ~っていう人も多いと思うのですが、 これらFelicaとパソコンとを繋ぐ、非接触カードリーダーが「パソリ」っていうものなのです。

このパソリ、もう店頭でもよく見かけるようになってきたんですが、販売価格はだいたい3000円くらいで、 確かに高くはないけど利用頻度から考えれば安くもない・・・なので手が出せない、という微妙な価格の商品だったのですね。

でもパソリがあると、自宅のPCでEdyのチャージができたり、残高照会や利用履歴を見ることができたり (Suicaなんかでも同様らしいですね)、考えようによっては便利だったりするし、あと音楽配信(mora) サイトで曲を購入する場合なんかでも、わざわざカード番号を入力したりしなくっても、カードリーダー(パソリ)にカードをかざすだけで、 安全に情報のやり取りを行ってくれて決済が完了するという、面倒くさがりの私に最適なデバイスだったりするのですね。

で、どうにか安く仕入れる事はできないものかと調べていると、ありました。
最近発表のあったヨドバシカメラのポイントカード。
ヨドバシのポイントカードがEdy対応になるらしく、eLIOとの合体カードの募集をしてました
その募集の内容をじっくりみてみると「カード申し込みと同時にパソリを申し込むと、¥1,050で提供」となっておりました。
ちなみにeLIO付きのポイントカードは、もちろん入会金・年会費も無料なので、ほんとーに¥1, 050でパソリを手に入れることができます。

従来のポイントカードからのポイント付け替えももちろん実施してくれるので、 ちょっと予備の口座を設定して申し込みしてみようかなぁ~?
(別にポイントカードとEdyとしてしか使う予定はないので、正直いってクレジット機能は付けてほしくないのですが・・・ そういう訳にもいかないのでしょうねぇ)

投稿者 yamatec : 00:58 | トラックバック (0)

2005年9月 9日

iPod nano なのね。

でました、次のiPod。
iPod nanoというらしいですね。

私個人的には、iPod miniとウォークマンスティックのどちらかを、チャンスがあれば入手しようと考えていたんですが、 ここにきてまた魅力的な商品が出てきちゃいました。
iPod nanoは写真を見る限り、Shuffleのカラー液晶搭載版?またはiPod(ハードディスク仕様)の小型版? というような顔をしてます。でも薄さがすごいです、7mmを切っているとか。

で、競合他社がHDD搭載を基本にラインアップ展開しようという裏をかいたのか、フラッシュメモリだけで2GB/ 4GBという仕様にし、価格も21,800円/27,800円という破格値・・・ ちょうどiPod miniの価格と同じような感覚で値付けされております(もっとも、miniの容量は4GB/6GBでしたが)。
歴代iPodとの比較写真なんかもアチコチに掲載されてますが、ダントツで薄い! (ポケットに入れておいたら簡単に折れ曲がってしまいそうなほど)、42gという軽さなので首からぶら下げてても重くないかな?
対するウォークマンも新機種を発表してますが、こちらは11月の発売とか・・・、 すでに店頭で入手することのできるiPod nanoの方が一~二歩リードした感じで、私的にもとっても欲しくなってしまいました。

そういえばこっそり、ウォークマンスティックも2GBバージョンが発表されてるみたいですね、 こちらもデザイン的に好きかも。
※あ、これも11月に発売という一連の商品に含まれてました。

投稿者 yamatec : 12:59 | トラックバック (0)

2005年9月 1日

夏休みの工作(液晶モニタの製作)その2

私的にはすっかり夏休みも終わって、とっくに仕事モードに復帰してるんですが・・・、 夏休み中になんとか間に合わせた液晶モニタの工作記事の続きです。

「夏休みの工作(液晶モニタの製作)その1」で切り出したアクリル板に、スタンドとLCDパネル(I/ FもくっついてるのでLCDモジュールと言ったほうがいいかな)をネジ止めして完成~と、 簡単だったはずなのですが少し落とし穴がありました。

というのも、手持ちの工具で適当に切ったというのがかなり大きな要因なのですが、 アクリル板の強度を稼ぐために2枚同じ寸法で穴を開けて、重ねて使うようにしたのですが・・・、いざネジを入れてみると微妙にずれる・・・。
1枚だけならちゃんと止まる物たちが、2枚重ねることによって微妙にネジ先がずれるようで、特にスタンドがうまく固定できない。
仕方が無いので、ネジ穴を少し大きくして調整する事に。というわけでまた丸やすりでゴリゴリと削っていきます。2枚。穴の数は合計16箇所。 もう手が痛いです。

何度か重ねてみては、また外してヤスリをかけるという作業を繰り返して、やっとこさで固定することができる寸法になりました。 (1時間くらいは黙々と削っていたろうか・・・)
20050831_2
※正面から(あぁ、部屋がきたない)
20050831_3 
※背面から(反射で判りにくいかな)

というわけで、無事に完成!あとはケーブルを繋ぐだけ。
という段階になって、こんどはPC裏からのケーブルが・・・外れない。色々なケーブルに絡まって、 ぜんぜん表に出てこないようになっていたので、部屋の中で汗とホコリにまみれながらRGBケーブルを救出。 なんとか液晶モニタに繋いでスイッチON。

苦労したかいがあって、難なく無事に映ってくれました。(ホッ)

でも・・・あれ?微妙になんだか傾いているような気が・・・。

投稿者 yamatec : 01:13 | トラックバック (0)

紫外線に反応して色が変わるストラップ

そろそろ携帯のストラップも変えたいな~なんて思いながら雑貨店をみていると、面白そうなものを見つけた。
UVビーズとやらで出来ているストラップだそうで、紫外線にあたるとその強さによって色が変わるらしい。
(そういえば昔、温度によって色が変わる液晶キーホルダーなんてのもありましたな)
20050831_1

中に5つほどついている白い珠の部分が、紫外線を受けることによって変色します。
残念ながら写真はとってないんですが、日中の屋外に持っていくと速攻で紫色に変わってました。
しかも紫外線の強さによって1つ~5つまで色が変化するみたいです(全部変わるほど強烈なところでは試してないです・・・ というかそんなところに居たくないです) 

楽天でも売っているみたいです

別に普段は紫外線を気にしてませんが、携帯につけていると何かと話しのネタにできそうなストラップです。

投稿者 yamatec : 00:44 | トラックバック (0)