« 無駄遣いだろう(据付けラック) | メイン | デジカメユーザーに嬉しい充電池(eneloop) »

2005年11月 5日

Debianインストール・・・

玄箱じゃありませんよ(念のため)

古いノートパソコンにDebian GNU/Linux を入れてみようと思って先々週より色々と試していたんですが、 なかなかハードルが高かった。

というのも、古いとはいえ一応ソニーのノートだった為、 手持ちのUSB接続のDVD-ROMドライブを接続しても起動ドライブとして認識してくれない・・・のは想定していたものの、 まさかUSB接続のFDDまで認識してくれないとは思っていなかった。(ソニー標準のFDDだってUSBなのに)

どうあがいても起動ドライブが確保できなきゃお手上げ、という状態だったので、 手っ取り早くオークションで専用のCD-ROMドライブ(いまどき・・・ではあるが)を入手した。
※じつはこのCD-ROMドライブにうっかりDVD-ROMをつっこんで「なんか読めないディスクがあるなー」 なんて真剣に考えた瞬間があった・・・(笑)

で、このCD-ROMドライブとの組み合わせでWindowsのリカバリまでもが可能になったので、 やっと心おきなくDebianのインストール作業が始められる。
というわけで、以前買ったDebian辞典の付録CDを使ってインストール開始。

ところが、どういうわけかインストーラが途中で止まってしまう・・・、ハード構成が悪いのか、それとも設定が悪いのか、 ミラーサーバー側に原因があるのか不明。
というわけで何度か設定を変えてインストールを試みるものの、全て玉砕。
(※この時点ですでにかなりの日数を消費しているわけですが・・・)

後日改めて、DebianのサイトからCDイメージをダウンロードし、CD-Rを3枚ほど作る・・・。
(※もちろん、CD-Rがちゃんと読み込めるのかという不安をかかえつつ)

いよいよインストーラが無事に通るようになったので、ほっと一息つくものの、 コンセントを抜いてバッテリー駆動になっている事に気づかずにインストール中に眠ってしまい、気がつくと電源が切れていた(笑)
どうやらよっぽどDebianに縁がないらしい。

当然ながら、インストール中にいきなり電源が切れた形になったので、その後再開しようとしても固まってしまう・・・、 というわけであっさりあきらめて(さらに5時間くらい無駄になった)、また一から始めることにした。

やっとの思いでインストールのプロセスを最後まで乗り切ると、こんどはx-windowで解像度が上がらない・・・なぜ? (やはりとことん縁がないらしい)
結局、原因はディスプレイのドライバをなぜか"vga"としていたのが原因だったのですが。 ("vesa"と書き換えるだけで解決したはずなのに、実はそこにたどり着くまでにまたかなりの時間を費やしたのは言うまでもない)

というわけで、やっと一通りインストールが終わったはず・・・明日はきっと機嫌良く動いてくれるよねぇ。

投稿者 yamatec : 2005年11月 5日 02:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/87