« デジカメユーザーに嬉しい充電池(eneloop) | メイン | コンビニでiPod nanoが買えるようになった »

2005年11月 6日

ELディスプレイ搭載レーダー探知機(JR670it,CR660iq,S645i)

いつの間にやらラインアップが増えているユピテル工業のELディスプレイ搭載レーダー探知機(Super Cat ELシリーズ)。
基本的には先発のSR640iをベースに、いつのまにやらラインアップを拡充していたようだ。

それぞれの特徴は・・・

JR670it

ELディスプレイと本体、GPSアンテナ、レーダー検知部が分離する、 セパレートタイプ。
各ユニットをノイズ影響などの少ない最適な場所に置きつつ、ディスプレイ部分は運転席から見やすい位置へと設置できる、 とっても理想的な形をしたハイエンドモデルがこれ。

CR660iq

上記と同じく、ELディスプレイとレーダー本体、 アンテナが分離するセパレートタイプ。
JR670itが取り付けにある程度の技術を要するのに対して、こちらはあくまでもレーダー本体を室内に置くタイプ。
設置が簡単で、なおかつディスプレイを見やすい部分に設置できるという特徴の両面を併せ持っているので、 おそらくコレがメインストリームとなるであろう。

S645i

ELディスプレイとレーダー本体(含むバッテリー、太陽電池) が一体がのベースモデル。
オーソドックスなオンダッシュタイプのソーラー・ディスプレイ・レーダーの一体型。
設置が簡単なので、例えば普段搭載している車とは別の車(会社の車とかね)にレーダーを一時的に載せて使いたい、 なんていう用途には最適かもしれない。

どれもレーダー探知機としての機能は同じなのですが、 ベースとなったSR640iと比較すると以下のような点がアップデートされている様子です。

・GPS10識別 → GPS14識別へと強化
・待受け表示に「方向・速度」「衛星数・高度」が追加
 (CR660iqは未確認ですが)
・外部スピーカージャック搭載(セパレートタイプのみかな?)
・マルチファンクションボタン追加(S645iのみ)

調べていると、なんだか急に旧機種のユーザーになってしまったような気がしてちょっと悲しい(とほほ)。あえて強がりを言うなら、 SR640iの方が本体デザインとしては格好良かったと思うのですが・・・、あ、やっぱり強がりにしか聞こえないですか。

投稿者 yamatec : 2005年11月 6日 03:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/89

このリストは、次のエントリーを参照しています: ELディスプレイ搭載レーダー探知機(JR670it,CR660iq,S645i):

» Super Cat GPSタイプ(スタンダード) [S645i] from 車・バイク関連リアルタイム価格情報
青/緑/オレンジの3色有機ELドットマトリックス表示。GPS、無線、レーダーが「液晶」より見やすい「EL」表示と「ボイス」のダブルで警報するGPSアンテナ一体型... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2006年3月 2日 09:43