« 結局、ウイルスバスター2006にしちゃいました | メイン | ICカード公衆電話のサービス終了が迫ってきた »

2005年12月25日

Pentium III 800MHzのCPUが3つもあまりました。

いや、正確には1個はCeleron 800MHzですが。

とにかくCPUが余りはじめました。 というのも自宅内で使われずに放置されていたデスクトップPCに置き換わり、今年はノートPCが2台も増えたので、 宅内環境の見直しをすすめたからなのですが・・・
旧PCからメールデータなどを吸い出そうと、ちまちまと作業をするうちにどんどん機嫌が悪くなっていくデスクトップPCたち・・・、 ケースを開けてみると爆発したコンデンサがたくさん・・・、というわけで2次被害が出る前にHDDやCPU、メモリや拡張ボード類を退避。

そんなこんなで、気が付けば行き場所の無いCPUが3つ。

ソケットから抜いたままで放置するのは可哀想なので、 パーツ屋さんで買ったICフォームに挿しておくことにしました。
しかしこれって、もったいないですよねぇ。
デュアルのMBがあればまだまだ現役でつかえそうな気が・・・って、そもそもSocket370の頃のMBどころか、 CPUファンすら入手困難だろうに・・・、あぁもったいない。
せめてオークションで誰か買ってくれないかなぁ。そう、せめてCRTの処分費用くらいは取り戻したいところなのですが・・・。

投稿者 yamatec : 2005年12月25日 22:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/103