« W-ZERO3初心者の日々 | メイン | iTunesでは買えなくてmoraなら買える曲 »

2006年2月18日

W-ZERO3初心者の日々(その2)

前記事にて、ActiveSyncのおかげでメールやスケジュール(いわゆるPIM機能か)の使い勝手は快適快適~と書いたものの、 実際にZERO3を単体で使うと、標準状態では色々と使いにくい面があることが理解できてきた。

とはいえ、今回手元に回ってきているのはW-ZERO3本体(とW-SIM)のみで、miniSDは無い状態。
miniではない普通サイズのSDメモリならば割と沢山あるというのに、今回は残念ながら出番がない。

おかげで、いろんなソフトをバンバンインストールしてしまおうと思っても、記憶領域は本体メモリだけで心許ない状態な為、 とりあえず快適に使うために必須(と思われる)ソフトを厳選してみる事にした。

まずはWILLCOM公式サイトのリンクより、

  • Opera Mobile 8.5
  • 無線LAN接続切り替えツール
  • ちず丸 for WILLCOM

そして、その他のサイトを探し回って、

  • GSFinder+ for HTC Universal
    標準のファイルエクスプローラーでは操作できないようなファイルも操作できる優れもの。
  • TCPMP(The Core Pocket Media Player)
    色々な動画フォーマットに対応しているメディアプレーヤー。DivXやmp4なども対応。
    各種codecパックもココで提供されているようです。
  • Magic Button
    「X」ボタンで本当にアプリが終了してくれるようになる。その他にも画面上部のタイトルバー部分に起動中のアプリアイコンが表示され、 タスク切り替えができるようになる。全アプリの終了やソフトリセットもできて便利。
  • Battery Monitor
    画面上部にバッテリー残量を数値で表示。 無通信時の自動切断機能もありがたい。
  • W-ZERO3 Monitor
    W-SIMが捉えているアンテナの情報をリアルタイムで表示してくれる。 いつもの立ち寄り先で素早く電波状態を確認できるのでとても重宝します。

とりえず上記ソフトをインストールするとかなり快適になった。
やはりソフト次第で使い勝手が格段に化ける・・・、面白いぞやっぱり。 本当はPIM系なども標準のままでは使い勝手がいまいちなので色々試してみたいソフトはあるのだが、 お仕事データを大量に入れるために本体メモリを空けておく必要があるので我慢我慢。

おまけに、カメラのシャッター音を消す方法についてもどこかのサイトで紹介されていた。 一応PHSや携帯電話扱いなので普通の操作ではシャッター音が消せないようにしてあるらしい。(盗撮防止の為なんだろうがなぁ、あのデカいボディではそもそも持ってる事自体が目立ってしゃあないでしょうなぁ・・・ 、というわけで例えシャッター音が消せてもZERO3は盗撮には向きません(^_^;、間違いなく。)
つうか、ただのwavファイルらしいので、自分で好きな音に差し替えることもできるのでは・・・、シャッター押したら「はいチーズ」 と勝手に喋るようにするとか。あ、撮った後に音が出るんでしたっけ?

投稿者 yamatec : 2006年2月18日 15:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/118