« 古いTVでデジタル放送を観る | メイン | やっと光がウチに届く、前の前の日 »

2006年4月21日

904SHのVGA表示はすごい!

約2年半ぶりに携帯電話を機種変しました。

今回は、「最近あまり元気のないボーダフォンから」 「なぜか地味~に登場してきた感じのする」4月15日発売になったシャープ製の904SHです。

さて今回、2G → 3G対応機への機種変ということで、通常の利用期間による価格(2年以上) +ポイント+家族定額+アフターサービス+ハッピーボーナス・・・という機種変価格の割引サービスに加え、 3Gへの変更キャンペーン割引価格適用ということで更に価格表で言うと3ランクほど下がり、 意外なことに新規よりもお安く入手する事ができました。
しかも、当初は街角のボーダフォンショップで検討していたのですが、ヤマダ電機の中のボーダフォンショップでも機種変価格 (キャンペーン価格を含む)は同じで、なおかつヤマダ電機のポイントも10%付いてきたので、更にお得感がありました。

この904SH、一番の特徴はVGA液晶搭載!で従来のQVGA液晶の4倍の解像度 (印刷物に匹敵する330ppiを実現)というところなのですが、 個人的な感触としてはあまり話題になっているような感じがしませんねぇ。
もっと特徴を広く利用者に理解してもらえるような判りやすい宣伝をすりゃーいいのに。

などと書きつつ、実のところ私も当初、VGA液晶はあまり重視してなくて、 それよりもGPS機能を搭載した機種が欲しかったのでちょうど良かった、という理由でチョイスしたのですが。

20060420_1実機をみて驚きました。モックアップだと思ったもん。

画面部分にはぜったい写真か何かを貼り付けていると思った。
それくらい精細な画像が表示されていた。
さすがに300ppi(=dpi)を超えているだけあって、印刷物みたいな印象を受けますね。QVGA液晶(2.4型で約160ppi) の画像を初めて見たときにも感動しましたが、今回はそれ以上の感動です。ひさしぶりにディスプレイを見て感動しました。

内蔵されている壁紙データは5種類あり、どれも液晶画面の精細さが表現されているように思います。
壁紙のデータはVGAを縦にした480×640ドットで表示される様子です。早速、 私も歴代の携帯に使用している画像をリサイズして作成しようと思ったのですが、元がSVGA(800×600ドット) の画像だったので原画100%サイズで必要部分を切り抜くと縦方向が40ドット空白になってしまい、 QVGA液晶の時とは逆に拡大補正してあげないといけないという事に気がつき、あらためてVGA液晶の解像度の高さを実感しました。

さて、VGAサイズの画像を作成して、miniSD経由で本体メモリにコピーし、 いざ壁紙設定へ・・・と思ったのですがなかなか仕上がりが納得できない・・・。

なぜか、データフォルダー内の画像を表示したときには綺麗に出るのですが、 いざ壁紙として貼り付けておくと少し色味が変化してしまうような感じがして、単純に色を強調するようにしているのか、 それとも消費電力低減の為に色数を減らしているのかは今のところ聞いておりませんが、 壁紙を創る予定のある人は色設定についてメーカーに問い合わせるなど、少しチェックしておいたほうがよいかと思います。

さらに、 個人的には全くノーチェックだった部分

実際に使ってみてから判ったありがたいところ。
 ・内蔵時計はGPSの電波によって補正される。
 ・キー照明がブルーで、ちょっと趣味。
 ・ストラップホールが大きいので何かと助かる。
 ※ホルダーに入れるときにストラップホールの位置によっては引っかかりますよね~、気になってたんです。
こういうところ、もっと大きくカタログに書いときゃいいのに(^_^)

あと、デジモジ表示もなかなか面白いですね、単調なメールがすごく賑やかになって読むのが楽しいし。
※デルモジが804SHに搭載されていないのは非常に残念。

本体カラーのラインアップはオトナ向け(?)

この904SHは発売時点で3色ラインアップされているのですが、どれも落ち着いた色で良い雰囲気です。 私が買いに行ったときには既に「ブラック」「ブルー」は在庫切れで「バイオレット」しか無いよ~と言われましたが、この「バイオレット」 がまた綺麗な色で、なんでこれが真っ先に売れてしまわないのかと不思議で不思議で。
このバイオレットの本体に少し明るめのグリーン系ストラップを合わせると、着物のような美しい雰囲気になります。お勧め~!

投稿者 yamatec : 2006年4月21日 00:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/139