« 2006年4月 | メイン | 2006年6月 »

2006年5月30日

WISHなど9車種リコールってかぁ

つい先日、ワイヤレスのハンズフリーキットを取り付けてとっても便利になった(ような気がする) 私の愛車ですが、5月31日付けでリコールがあったようです。

●以下引用

1.不具合の状況
電動式パワーステアリング付車のハンドルとギヤボックスを連結しているインタミディエイトシャフトとスライディングヨークの強度が不足しているため、 低速時にハンドルを強く一杯に切ったり、走行中縁石にタイヤを接触させる等、 当該部品に過大な力が繰り返し作用すると、連結部が緩んだり、亀裂が発生することがあります。 そのため、そのまま使用を続けると、最悪の場合、連結部が外れたり折損して、 かじ取り操作ができなくなるおそれがあります。

2.改善の内容
全車両、 インタミディエイトシャフトとスライディングヨークを対策品に交換するとともに、 インタミエクステンションシャフトの締付ボルトを規定トルクで締め付けます。

●引用終わり

というわけで、対象車種は9車種。 対象の製作期間は車種によって違いますがWISHの場合は平成15年1月~平成17年11月という事で、 みごとにど真ん中でした。

電動パワステ車のシャフトなどの強度が不足しているので、最悪の場合は舵取り操作ができなくなる・・・ という事なので、対象車のオーナーさんは早めにディーラーに確認をとりましょうねー(;_;)

投稿者 yamatec : 22:44 | トラックバック (0)

2006年5月29日

ロボットwatch創刊

できましたねー、いよいよImpressWatchに「Robot Watch」が新規仲間入りしたようです。

ここ最近は自分で作るロボットのキットなんていうのもにわかに流行りだしてきていて、 もう少し手を伸ばせばロボット作りの世界に足を踏み入れることができるよ・・・ってな環境も整ってきました。

たぶん・・・、巷に性能の良いPCがかなり出回り、PCは持っているんだけど一体何に使おうか、 なんて思い始めている方も相当いるんじゃないでしょうか?
あるいは、自作熱もちょっと冷めてきてしまって、PCを作ることにはあまり興味がわかなくなってしまったけども、「何かを作りたい」 という情熱の行き場所を探している方も多いのではないでしょうか?
はたまた、さっさと萌え系ロボットを作って密かに楽しみたいなーなんて夢を見ている方も一部にはおられるのではないでしょうか?

って、全部私に該当してるような気もしますが・・・ (^^;

そのロボット作りにエントリーするためのキットも、近藤化学から実売9万円という値段設定で新型「KHR-2HV」が発表された様子です。
Robot Watchさんには、こういったロボット分野の情報を広く集めて発信していただき、 ホビーとしてのロボット分野の成長をどんどん加速させてくれる原動力になると期待してます(^^)

投稿者 yamatec : 23:37 | トラックバック (0)

2006年5月28日

無線ハンズフリーキット購入

車の運転中に携帯電話を使っちゃだめよ、という事になって既に巷では定着してきたような気がする日々。
(もっとも今でも運転中に使っている方を時々見かけますが・・・)

実際のところ、運転中に携帯電話の着信があるとまず「携帯電話を手探りで探し」、「誰からか?」とディスプレイを確認し、 「片手で持って通話」、という点でかなり危険を感じるので私は留守電モードに切替えたりしてしのいでいるのですが・・・
車を安全な場所に止めてからコールバックしようと番号を確認すると、 海外に駐在している人からのお呼びだったりしてちょっと個人のケータイで通話料を負担するのは「やだなぁ~」 と感じる事もちょくちょくあったりします。
あるいは、車を止められる場所がなかなか見つからず、やっとこさでコールバックしても時既に遅しといった状態だった事も・・・。

あらかじめ、運転中に電話が掛かってきそうな事が予想できているときには、 イヤホンマイクを携帯電話に接続して助手席にでも置いておくのですが、予想できないとき (ほとんどはコチラ)は当然、掛かってきてから即行でイヤホンマイクを接続するなんて器用なマネはできません・・・よね。

で、昔からものぐさな私としては 「無線で勝手に繋がっててくれるハンズフリーキットがいいなー」と漠然と思ってました。
もっとも、先日機種変した904SHをはじめ最近のケータイにはBluetooth内蔵のものも増えてきているので、 そろそろBluetoothハンズフリーキットも手頃な価格になってくるかな?と期待してたりましたが、見つけちゃいました。

 お馴染みのI/O-DATAさんのワイヤレスハンズフリーキット(スピーカータイプ)、PDI-B904/CHFです。

20060528_1Bluetoothによる無線接続に対応したスピーカータイプのハンズフリーキットで、 電源はシガープラグなどから取る事ができます(12V/24V両対応)。
対応するプロファイルはHFPとHSPの2種類で、ちなみにVodafone 904SHの場合はHFPで接続されるようです。
(箱の裏面にはBluetooth 1.1、通信距離10m、対応プロファイル: GAP,SDAP,HFP,HSPと記載されてました)

Bluetooth接続という事でとっても理想的なハンズフリーキットだと思いはしていたものの、 たしか割と高い値段で手が出しにくかったよなーと敬遠しておりましたが、先日なんの気まぐれかアイオーさんの直販サイト「ioPLAZA」を見てみると、通常価格12,800円のところ、 特別価格3,480円との表示が(! )

しかも「アイ・オー・データBLOG」をチェックしてみると、 新製品モニター販売の記事がエントリーされてり、その商品群の中にPDI-B904/CHFも含まれていて、 限定10台ながらも価格はさらにお得な2,980円(!)。 のちほどアンケートに答える義務はあるようですが、ブロガーにとってそんなのは日常です(よね)、さっそく注文。
この値段なら、イヤホンタイプのBluetoothハンズフリーキットよりも安いかも。

もちろん、ハンズフリーキット以外にもお得な価格でモニターできるようなので、一見の価値は有り! モニターは商品ごとに先着順になっているようですね(^^)

さて・・・、注文からわずか2日で手元に届いたハンズフリーキットですが、車への取り付けはまた後日のレポートにて。

投稿者 yamatec : 18:19 | トラックバック (0)

2006年5月24日

サーバーが熱い

冬場のレイアウト変更以来、机の片隅で稼動し続けてもらっているdebianサーバー機(ノートPC)ですが、 たいした負荷もかかっていないはずなのにここ最近冷却ファンの音が微妙にうるさくなったような気が・・・

室内温度計を見ると、たしかに動かし始めた時期に比べて+10℃は上がっているし、そういえば部屋が暑いような気もする。
というわけでサーバー機を持ち上げてみると「温い」、底面がやたらと暖かい、冬場なら心地よいほどに温まっている。

なるほど・・・、冷却ファンが必死に回り続けるのも納得がいきました。

このまま夏に近づいていくにつれ、冷却が追いつかなくなるのは確実と思われるので何か外部から冷やしてあげる必要がありそう。

というわけで調べてみると、アーベルエレコムから化学式のノートPCクーラー冷却シートが発売されているらしい事を発見。
どちらも実売価格で2000円前後のようですが、 置いておくだけでよいようなので試してみようかな。

しかし、サーバー機のように連続稼動をさせる場合はやはりFAN式の方がよいんだろうか?そうなるとサンワサプライのUSB給電タイプパッドの方が良い様な気もするが・・・、 こちらは実売で4500円前後。うーむ、微妙なお値段。

投稿者 yamatec : 11:27 | トラックバック (0)

2006年5月22日

あれ?NTTから請求書がきた

ISDNからひかり電話へと切り替えを完了してから早1ヶ月、電話自体はそれといった問題もなく、 むしろ切り替えた事すら忘れてしまうほど「何も変わらない」という状態で、 これで基本料金が劇的に下がった事を考えればとても得した気分に浸ることができる日々を過ごしております。

さて、そんな日々に突然舞い込んできたNTTからの請求書。

今まで電話料金は全て口座からの自動振込にしていたので、通常我が家に届くものは請求書ではなく領収書だったのですが・・・
不信に思いながらも請求内容を良く確認してみると、宅内工事分の金額+基本料金(日割り1日分)という内容であった。

金額からして内容的には問題ないのですが「なぜ口座からじゃないの?」という疑問を解消するために116番へ問い合わせを実施。

NTTに問い合わせてみた結果・・・なんと従来の電話から「ひかり電話」へと切り替えた際に、自動口座振替は解除になり、 ひかり電話としてもう一度口座振替の設定をしなければいけないとの事でした。
(つまり、郵便局なり銀行なりに出向いて、 もう一度口座振替の設定をしてこないといけないわけですね)

なんだか、同番移行していて見た目はまったく変わっていないのに、契約としてはリセットされたような感じになっているのですね。 意外でした。

とりあえず、請求書はコンビニでも支払いOKな様子なので、先日の自動車税支払いと同様にオンラインでEdyへチャージをして、am/ pmでEdy払いをしてきました。
ひょっとすると、口座振替よりもポイント分だけコンビニ払いにした方がお得かも・・・(^^;

投稿者 yamatec : 18:47 | トラックバック (0)

2006年5月19日

904SHのアップデート実施

早速きました、904SHのソフトウェア更新。

ケータイWatchなどで5/18付けの記事で報道されておりますが、GPS関連などの不具合修正だそうです。
私のもとにも、ボーダフォンから直接メールが届いておりましたが、自宅にもどって充電器につないでからアップデートすることにしました。

念のため、しばらく充電のために30分ほど放置しておき、その後ソフトウェア更新のメニューを選択。
電波状態が良いのか、ダウンロードは数秒で完了し、アップデートを行う旨のメッセージが表示されたので「OK」してじっと待つことに・・・。

一瞬904SHの画面が暗くなり、その後にバックライトが微点灯モードになり、ソフトウェア更新作業の進捗が表示されて・・・ そして長く待たされる事になりました。
ざっと15分くらい経過した時、ようやく進捗状況が99%を超えて更新状態の確認がされ、無事に完了したとのメッセージが表示されました。

さてこれで、GPS関連等の不具合は取れたはず(^^
あとは非通知で着信があった場合に再起動されてしまう点の修正があったかどうかを確認してみると・・・、やはりまだ症状が残っておりました。

※ちなみにその症状は、
(1)ICカード機能の「電話リモートロック」をonにした状態
(2)電話機を閉じた状態
(3)番号非通知の回線から904SHを呼び出して切る
すると、自動的に再起動がかかり着信があった事すら記録されない、という症状です。
もっとも、(1) の電話リモートロックをoffにしてしまえば回避できるようなので別にどうってことのない症状ですね~(^^;

投稿者 yamatec : 00:35 | トラックバック (0)

2006年5月17日

am/pm他に確認してみた

クレジットカード=>インターネットでEdyにチャージ=>自動車税をコンビニでEdy支払い・・・、そしてポイントゲット。

という手がはたして利用できるのかどうか、念のためにam/pmさんとソニーファイナンスさんに問い合わせてみた。

結論から言うと、
【クレジットカードからEdyへのオンラインチャージ】 は通常のカードショッピング同様の扱いとなり、チャージするEdyの種類に関わらずポイントが付与されるとの事。
そして、
【am/pmではレジで支払える全ての商品に対してEdyが利用可能で、 つまり自動車税の支払いもOK】との回答でした。

ただし、自動車税のコンビニ支払いについては、 自治体によってはまだ対応していないところがあるので注意が必要な様子です。 (私のところにはコンビニで支払える用紙が送付されてきました)

関連記事:自動車税の支払いをコンビニで

投稿者 yamatec : 00:31 | トラックバック (0)

2006年5月16日

後付フロントアイカメラを発売!

富士通テンよりフロントアイカメラ「FEC106」の発売がアナウンスされました。
私の車はメーカオプションではフロントカメラの設定があったのですが、 ディーラーオプションのナビをつけてしまった為に後付けができず、 こういう製品が出てくるのを待っていたんですが、ようやく・・・といった感じで市販品が出てきました。

基本的には富士通テン製ナビECLIPSEの2006年モデル用オプション品という扱いなのですが、同時発売のバックアイカメラ 「BEC106」(従来モデルより小さくなった)とともに専用の電源ボックス「CAB106」を介することで、 2005年モデル以前のAVNシリーズや他メーカーのモニターなどにも接続して利用できる”汎用性”が高いカメラになるそうです。
※もっとも汎用カメラとして使った場合は、ECLIPSEと合わせて利用するときのように、 「時速8km以下で自動切換え」とかいった機能は使えず、手動操作しかできないと思いますが。

ちなみに希望小売価格は、
・FEC106(フロントアイカメラ) 28,140円
・BEC106(バックアイカメラ) 23,940円
・CAB106(カメラ接続用電源BOX) 5,250円
と発表されており、 発売予定日は2006年7月1日との事です。

ちょっと楽しみかもー(^^)

投稿者 yamatec : 23:46 | トラックバック (0)

2006年5月15日

自動車税の支払いをコンビニで

また今年も自動車税の納付時期がやってきたのですが、ウチにきた案内をよく見てみると、 今年からコンビニでの支払いができるようになった様子です。

コンビニで支払えるということは・・・

am/pmなどのコンビニでは電子マネーEdyが使えたりしますよね。
ということは、例えばANAマイレージクラブEdyカードだと、使った金額に応じてマイルが加算されるので、 少しでもポイントで返ってくるならば試してみる価値はあるか?と、少し調べてみたのですが・・・
残念ながら、Edyでの公共料金支払い等にはマイレージは加算されないとの記載がありました。残念。

でも、まだしつこく調べてみると・・・

Edyでの公共料金支払い等にはマイレージがつきませんが、Edyへのチャージの際にはまだチャンスがありそうです。
というのも、Edyへのチャージはコンビニ店頭で現金をチャージする方法とは別に、 登録してあるクレジットカードからオンラインでチャージするという方法があります。

例えばソニーファイナンス(My Sony Card)のeLIOカードだと、 インターネット経由でeLIOを使ったEdyへのチャージには1,000円につき1ポイントが加算されるようになっています。
40,000円分のチャージしたら40ポイントが貯まる計算になりますね。
このポイントも、ある程度貯めればEdyギフト券やANAマイレージなどに交換可能なので、 どうせ払うならこういった手段で払う方が少しはお得感もあるかなーと思います。

あとは・・・、実際に自動車税の支払いをコンビニがEdyで受け付けてくれるかどうか? というところはまだ確認していないのですが(^^;
実際に試された方や、もっと効率が良いよというアイデアをお持ちの方、いませんかねぇ。

投稿者 yamatec : 01:48 | トラックバック (0)

2006年5月12日

コンビニで酸素売ります

高濃度酸素の入った缶がセブンイレブンで発売されるらしい。

酸素バーなんて私のような田舎者の住む地域では見かけないが、その分高速道路などはごく近くにあるために車は多いので、 たしかにキレイな空気という意味では興味をそそられる。

一般に、呼吸が浅くなって酸素不足になるとあくびやため息が出るらしい・・・、過労やストレスでも酸素不足に陥るらしいので、 うちの会社なんかでも室内の酸素濃度を少しあげてくれれば仕事の能率が飛躍的にあがるのではないかと思う事もあるのだが。
工場に入っていっているO2の配管をすこし事務所の方まで回して試してくれないかなぁ(笑)

ちなみにこの缶、1回2秒の吸入を35回できる量が充填されていて、 1日5~6回使えば1週間もつという計算らしいが・・・、 単価は600円らしい。
6月14日からセブンイレブン全店で販売されるらしいので、一度試してみようかな。

投稿者 yamatec : 23:47 | トラックバック (0)

2006年5月11日

904SHの卓上ホルダーだ

なんだか最近の携帯電話には充電時に使う卓上ホルダーが付いてないんですねぇ。
本体価格を下げるためか、卓上ホルダーは別売り品として設定されているということなので、 いったいいくらするのかボーダフォンショップで聞いてみたら税込み1,365円とのことでした。
1週間くらいで入荷するとの事だったので、とりあえず注文しときました。

20060511_1 そして、届いた商品がこちら。

箱から取り出して第一印象が「でかっ!」・・・そりゃ携帯電話本体が大きいんですから、 卓上ホルダーもそれなりに大きくなりますわな(^^;

比較の為にWillcomのAH-K3001Vの充電ホルダーと並べてみましたが、一回りは大きい。 しかも上の写真では判りにくいですが「深い!」・・・、904SHの下半分をすっぽりとくわえ込んでしまうような深みのある構造なのです。

20060511_2 ちなみに裏面はこう。

付属のACアダプタを裏面のコネクタに接続する構造になってます。

コードは一応、3方向から取り出せるように溝が刻まれています。
この辺りの構造は、まだ少しは使い勝手を考えてくれているのか・・・。
そういえばV601SHに付属してた卓上ホルダなんかは、裏面に三脚ネジ穴があって、 カメラ用の三脚に着けることができるような工夫がされておりましたな。使ったことないけど。

 そして、この卓上ホルダに904SHを合体させると・・・

20060511_3このようになります。
なんだかすっごくカクカクとした勇ましい雰囲気が・・・(^^;

ちなみにこの合体状態ではモバイルライトが隠れてしまいますが、 V602SHなどの卓上ホルダーと同様にホルダー自身に組み込まれている透明部品がランプの光をホルダーサイドまで誘導してくれるので、 メールや着信があったときのお知らせランプはちゃんと識別することができます。

この手の卓上ホルダーって、ある程度の期間使っていると、 ホコリや油分などが接点に付着して充電不良を起こすのがちょっと不満なのですが(って、 ちゃんと無水アルコールで接点を拭いてあげればよいのですが面倒で・・・)、 いつかそのうち無接点方式の充電器が主流になってくれないかなーと思ったり・・・、いやそれよりも燃料電池化の方が早いような気もするな。

投稿者 yamatec : 23:22 | トラックバック (0)

メッセンジャーがつぎつぎVer.Up

お仕事もかねて毎日「Impress Watch」などのサイトをチェックしてますが、 ここ数日でSkype、MSN(Windows Live Messenger)、 Yahoo!メッセンジャーがバージョンアップ (というか公開ベータ版ですが)リリースしている様子です。
私的には普段、SkypeMSN messengerを常駐させ、 Yahoo!メッセンジャーも使っていたという事もあって、 どれも試してみたい衝動にかられているところです。

■Skype 2.5 beta
一言でいうと、より使いやすくなった、とでも言ったらいいのかな。
登録したメンバーとコンタクトリストを共有できるグループ機能も搭載されたらしい。
あとはWindows XP同士でしかできなかったビデオチャット機能も徐々に他OSで利用可能になるとか・・・?

面白いのはSkypecastという、最大100人まで参加できる音声会議機能が提供された事。 ぜひ一度試してみたいですねー(^^)
もっとも、個人レベルで100人もいっしょに音声会議しましょうなんてシチュエーションはあまり考えつかないのですが・・・。

●そうそう、そういえばパイオニアからSkype対応電話機が新たに発表されてましたねー。 コードレス子機の画面上でコンタクトリストのログイン状態が確認できるようになっているらしいです。 インスタントメッセージのやり取りもできるようなコードレス電話機型だったらすぐにでも欲しいのですが・・・

■(MSN)Windows Live Messenger beta
コンタクトリストの相手ごとに”共有フォルダ”が持て、オンラインになった際に相手の”共有フォルダ” との間でファイル同期がとられるという、ファイル共有の機能が少し面白そうです。
普段、自宅のデスクトップPCで使っているアカウントとノートPCで使っているアカウントを分けているのですが、 この自分のアカウント間でファイル共有できれば便利なシーンもあるかなーと(^^;
あと、日本ではまだ利用できませんが、一般電話への通話サービスも取り込んでいるようです。

■Yahoo!メッセンジャー7.0 beta
ボイス機能を充実させてきたようです。
しかし私はしばらくVerUPに追従していなかったため「上記2つに並んだか」という程度の印象しか今のところもっていません、申し訳ない。
しかし同時に、 Vodafoneユーザーである私としては一番身近になってくる可能性も秘めているサービスだろうなーと思い、 密かに機能強化に期待している毎日です。

投稿者 yamatec : 20:41 | トラックバック (1)

2006年5月10日

自宅からつながらないサイトがあった・・・

なぜ?どうして?理由がわからないのですが、ウチのネットからどうしても繋がらないサイトがあった。

最初はDNSの設定でも間違ったのかと思ったが、よく見たら名前解決はできている模様。
ところがなぜか、目的のサイトを開くことができない。

同じサイトをPHS経由で見に行くと、ちゃんと見ることができるのに・・・不思議。
というわけで、やはりウチのネットワーク設定でどこかトチったに違いない。
うーん、いったいドコにトラブルが潜んでいるのやら・・・???

投稿者 yamatec : 00:06 | トラックバック (0)

2006年5月 9日

結局ウチのネット構成は

フレッツ・光プレミアムが入ってきてからしばらくは、
・CTU配下のネットワーク(含むVoIPアダプタ)
・従来の無線LANルータ配下のネットワーク(192.168.1.0/24)
・実質DS専用の無線LANネットワーク(192.168.0.0/24)
の3本だてでやり取りしてましたが、変更しました。

やっぱり、ルーター2本ダテなんて面倒なだけなので・・・

当初は無線LANルーターのWAN側アドレスをCTUにあわせてあげるだけで、 それ以外の機器は従来通りの設定で何も変更せずに利用するという非常策をとっていたのですが、 やはり何かと判りにくい点が出てきたので素直にCTU配下に全ての機器を合わせるという方針に代えて作業開始。

【設定変更が必要だったもの】
・デスクトップPC・・・2台
・サーバー系・・・2台
・ノートPC・・・2台
・Avel Link Player・・・1台
・RD-XD91・・・1台
・PSP・・・1台
・ルーター・・・1台(とりあえず)

と、およそ10個のIPを手動で割り振りなおすハメに。
それだけではすまず、PC系はIPアドレス変更後にファイアウォールの設定変更やらサーバーの接続先変更などなど。
おかげで、調整に半日ほどかかりましたが、家のネットワークはほぼすっきりと再構築されたのでした。

そして仕上げに、無線LANルーター(WR6600)をただのアクセスポイントモードへ変更。
※ルーター機能をOFFにします。多少消費電力は下がるかな?
これも手順としては面倒で、一度初期化してあげないとモード変更のウィザードが出てきません。 というわけで記録してあるMACアドレスやWPAのキーなどを記録してから初期化。いままでルーターとして頑張ってくれてありがとう。
これで、LANポート4つ分に加えてWANポートまで含めた5ポートHUBとして機能するようです。
※1ポートでも多いと配線時に助かりますね。

投稿者 yamatec : 00:41 | トラックバック (0)

2006年5月 8日

そういえばdebianのMTU調整は

WindowsマシンのMTU調整はNetTuneでちゃあんと1438に設定でき、とっても快適な状態になったのですが、 ウチのネットワーク内にはdebianなマシンも稼動している・・・。

内側でしかサービスしていない玄箱くんはとりあえず問題ないであろうからそのまま放置するとして、 外向けにサービスを提供しているdebianサーバーくんの設定値はどうなっているのかと見てみると、

MTU:1500

ということになっている様子。
なんとなくこのまま放置しておくのがためらわれたので、 /etc/network/interfacesup ifconfig eth0 mtu 1438 と1行追加してみた。

書く場所はホントにこのファイル中でよかったのかな?と思いつつもrebootし、同じように調べてみると、

MTU:1438

と返してくれたので、ちゃんと設定はできたようだ。
とりあえず正解ではあったらしいが、debian等に手馴れた方なら、いったいどこに値を書き込むのであろう?ちょっと気になるところ。

投稿者 yamatec : 00:30 | トラックバック (0)

2006年5月 7日

フレッツ・光プレミアムにしてからのMTU調整

我が家にもフレッツ・光プレミアムが入ってきて、とーっても快適になったはずだったのですが、どうも様子がおかしい。

というのも、たしかに速くなったのですが、時々(いや、むしろ頻繁に) 1ページ中の不特定な部分の画像が出なかったり、リンク先を開くとタイムアウトしてしまったりと、通信が不安定なご様子。
特定のマシンにのみ症状が出ている様子なので、どうやら過去になんらかの調整をしている事が返って悪さをしている模様・・・

というわけで一番怪しげなMTUの調整を実行してみることに。

フレッツ・光プレミアムについて語ったサイトを巡ってみると、 どうやらMTUの値は1438が推奨になっているので注意するようにとの記載がチラホラ。
たしかに適当なサイトまでpingを打って調べてみると、1410 byteまでしか通らないので、ヘッダー分の28 byteを加えると1438 byteになりますね。

というわけでWindows XP環境で簡単にMTU値を変更できるツールを探し、ココNetTuneというツールを頂いてきました。(感謝)
早速、NetTuneを使ってMTUの値を「カスタム」「1438」と設定して再起動してあげると、 狙い通りにタイムアウト等のトラブルは解決!
今度こそ本当に快適になりました。

投稿者 yamatec : 17:14 | トラックバック (0)

2006年5月 6日

Vodafone 904SHのバグ発見か?

自宅の電話を「ひかり電話」にしてから何度か通話テストをしているうちにフト気づいた事が・・・。

携帯(Vodafone 904SH)を番号非通知で呼び出して、904SH側でとらずに呼び出しを止めた場合、 904SHが再起動させられることに気づいた。
その後、PHSから呼び出して、同様にとる前に切ってしまったばあいにも再起動することがわかった。

色々と条件を変えて試してみると、ICアプリの電話リモートロック機能をONに設定している時にその症状が現れる様子・・・。
非通知で着信があった事すら記録されていないので、ひょっとするとロック操作を悟られない為の仕様か?とも思ったが、 USIMのPINコードを初期設定から変更しておくと、 再起動後にPINコードを入力させる画面が904SH上に現れていたのでどうやら意図した仕様でもなさそう。
※再起動自体はほんの数秒の出来事なので殆ど気づかないし、実害もないと思いますが。

まぁ、めったに非通知でかけてくる人がいなくなったので大した問題ではないのだが、一応メーカーさんには連絡しておくことにしよう。
きっと、ネットワーク側からのソフト更新第一弾に含まれる内容になるであろう。

投稿者 yamatec : 15:15 | トラックバック (0)

2006年5月 5日

ウイルスバスター2006も

つい昨日、フレッツ光プレミアムのセキュリティ対策ツール (あくまでもNTT西での話しです、念のため)のネタで書いた時に、 セキュリティ対策ツールはIPv6対応らしいとか書いておりましたが、、、それの真偽はさておき、

本家のウイルスバスター2006も、しっかりIPv6対応されておりました。 もし記事を読んで不安になったウイルスバスター2006ユーザーの方がいらっしゃったらごめんなさい。

ただ、ウチの環境のように、あとからフレッツのIPv6環境をいれたのであれば、 今一度ファイアウォールなどの環境設定を見直してIPv6対応であることを確認しておいた方がいいかなーと思います。

投稿者 yamatec : 01:55 | トラックバック (0)

ダ・ヴィンチ・コード中巻を読んでました

先日の勢いのまま引き続き、文庫版「ダ・ヴィンチ・コード」中巻を読みきってしまいました。

私的には大変なスピードです。GW休暇なのを良いことにアチコチで暇を見つけては読んでいます。
このままでは・・・、明日にでも下巻を買ってきてGW中に読んでしまいそうな勢いです(^^;

投稿者 yamatec : 01:42 | トラックバック (0)

2006年5月 4日

904SHが入るケース

さて、904SHに機種変してから一つ困ったことが・・・「持ち運ぶ際に着けるケースがない」。

V601SHでは、ベルトに横向きに取り付けるタイプの革製ホルダーを愛用していて、 サイズ的にもしっくりきていたので出し入れも片手でササッとできたのですが、同じタイプで904SHの大きさに対応したものを探してみると、 これが存在しない・・・。
色々と店頭で試させてもらったりして探したのですが、スペックである高さ104mmなんてどこまでの長さ?って言うくらい、 実測では110mmほどあります。 (どうやらアンテナ兼ストラップホール部分は突起物として扱っているようですね)

横向き装着タイプで110mmまで対応とうたっているケースでも、すんなりと入るものがなかなか見つからずに苦戦したのですが、 ラスタバナナ製の110mm対応ソフトポケットケース(約800円)だと一応収まりました。
もっとも、収納時には若干ケースの端を伸ばしてあげないと入らないので慣らしが必要ですが(^^;。

もっとも、使い慣れているからという理由だけで横向きタイプを探していたんですが、よくよく考えたら縦向きでもいいかなと・・・、 なにせ110mmほどまで大きくなってくると、横向きタイプはイスに座るときに (とくに車に乗るときに)邪魔になってくるので、縦タイプの方がよいかもしれません。ノーチェックだったので、 縦タイプに110mmほどの大きさの折り畳み携帯が入るものがあるのかどうかも現状では判っていないのですが、 探してみる価値はありそうです。

もっとも、色々探し回るよりもVodafone純正レザーホルダー(ZTMC11 1,575円) を取り寄せるのが一番手っ取り早いのかもしれませんが・・・。

投稿者 yamatec : 15:19 | トラックバック (1)

2006年5月 3日

自分用DS Liteに目印を

発売開始直後から行動を起こしていたためか、我が家には2台のDS Liteが割と早くからあります。(先代DSには手を出してませんでした)

でも、本体が2台あるのに、ソフトも本体の数と同じだけ(つまり2本=1台に1本) しかありません。
それぞれが「もっと脳を鍛える」と「どうぶつの森」専用機になってしまっている状態です。本当はもっと色んなソフトで遊んでみたいんだけど・ ・・最近ちょっと出費が激しかったので(PSPから始まってiPod nanoやら904SHやら、オプションや資料類を含めるとかなり・・・)、 いくらPCへの投資を縮小しているからといってもちょっと財政難。というわけでしばらくゲームソフト調達は自粛中。

次の給料日になったら少しは自粛体制を緩めようかなぁとも思うのですが・・・、その頃にはちょうど5月下旬に発売されるという 「Newスーパーマリオブラザーズ」が出るし(^^)、 ファミコンの頃はもっていなかったので我慢してたのでぜひやってみたいという思いもあるし。
(セガを応援しててアンチ任天堂だった頃があったのですよ、古い話しですが)
それまでは「どうぶつの森」と「もっと脳を」 で頑張りつづけねば。

・・・もうすっかり「えいご漬け」をやるために自分用のDS Liteを買ったのを忘れかかってますな・・・(^^;
こっちの方を先に買わねばなるまい。

20060503_1そういえば、DS Liteは2台とも白にしてしまったので、 2つ並んで置いてあるとどっちが自分のか判らなくなります・・・。というわけで目印にする為に手元にあったシールをペタッ、、

ち ょっと古いですねー。ご機嫌ナナメになってハングアップを繰り返すようにならなけりゃいいのですが・・・。
(何かよい目印が手に入るまでのつなぎとして)

投稿者 yamatec : 23:18 | トラックバック (0)

フレッツ光プレミアムのセキュリティ対策ツール

ま~ったく意識していなかったんですが、先日我が家に開通しましたフレッツ光プレミアムのスタートアップCDには、 セキュリティ対策ツールなるものが入っておりました。

設定マニュアル通りにツールのインストールを進めていくと、このセキュリティ対策ツールも一緒にインストールすることになるのですが (もちろん、キャンセルすることも可能です)、よく無料で配布されている体験版 (60~90日だけ使えるもの)と思い込んで無視しておりました。
しかもウチで稼動しているPCはすべて、 先日ウイルスバスター2006或いはノートンインターネットセキュリティ2006を購入してリプレースしたので、 まだまだ使用日数も充分残っているし検討する必要もないと思っていました。

でも良く見てみると、 セキュリティ対策ツールの画面はウイルスバスターに似てはいるもののウイルスバスターの文字は一切入っていないし、 どうやらNTT向けカスタム版の様子。
使用期限も特に明記されておらず、よく無料配布されている体験版という扱いではないようです。

そういえば、フレッツ・ 光プレミアムの各サービスIDやパスワードを記した用紙にはセキュリティツールのシリアル番号も記載されていたので、 フレッツのサービス月額の中にセキュリティツール1ライセンス分も含まれているという理解が正しいようです。
ちなみに、2台目以降のPCにインストールする為には「ライセンス・プラス1」又は「ライセンス・プラス4」を申し込む必要があり、 それぞれ月額420円又は1,650円という価格設定になっているようです。
(1回線につきいずれか1契約という条件らしいので、1台追加か4台追加を選ぶしかなく、 2台とか3台だけ追加というコースは無さそうな雰囲気ですね)

さて、このセキュリティ対策ツール、見た目からしてウイルスバスターのカスタマイズ版だと思うのですが、 機能的には一体なにが違うのか?一説によればIPv6サポートになっているところが違うらしいですが・・・、 ライセンス的にはまだ本家ウイルスバスター2006の使用期間もたっぷり残っているので、 使い続けて問題がないのならウイルスバスター2006の使用期限が切れるまでは使い続け、 その後に乗り換えるというのが費用的には一番効率が良さそうなのですが、 実際のところ本家とサポート面や機能面でどの程度異なるものなのか少し調べてから利用したほうがよさそうですね。

投稿者 yamatec : 18:14 | トラックバック (0)

ダ・ヴィンチ・コード上巻を読んでました

ひさびさに文庫本を買って読んでました。ダ・ヴィンチ・コードの上巻です。(文庫本は、 上・中・下の3巻構成になってます)

ふだんはあまり本を読まない(というか読むスピードが遅いからあまり本に手を出せない? )ので、今回も気まぐれで買った一冊だったのですが、GW休み中に上巻でも読み切れればよい方かな~なんて考えてて・・・ 読み出すとハマってしまい、ついつい一晩で上巻をあっさりと読みきってしまいました。
(おかげで眠い眠い)

いやぁ面白いです。2006年5月20日に映画公開とのことですが、映画を見る予定のある方は、上巻・ 中間くらいは先に読んでおいた方がより面白く感じるのでは?と素直に思いましたねー、、
なかなか、息つく暇なくどんどん読み進められるストーリーです。はやく中巻を買ってこなくては!

投稿者 yamatec : 17:36 | トラックバック (0)

2006年5月 2日

携帯電話のバッテリー切れ対策

つい先日まで使用していたV601SHも、かなり電池の寿命が近づいていた様子で充電には気を使っていたつもりだったのですが、 新しい携帯電話に機種変して油断してしまっていたのか、使用2日目にして電池切れで使用できなくなるという失態をおかしてしまいました。

どうやら904SHの電池残量表示は、残り1つになったら即充電したほうが良いようです、 5分ほど通話したら強制OFFになってしまいました。V601SHの時は残り1つでも丸一日使えたので、 判断ミスを誘います(^^;

V601SH用の対策としては、自宅の充電器とは別に会社の机の上にと、通勤に使う車にも充電器を置いてあった為に、 割と簡単に充電できる体制を整えていたのですが、Vodafone 3Gに変わったおかげで自宅に置いてある充電器以外はすべて使えずに (コネクタ形状も電圧も異なるようですね)、結構困ってしまいました。

というわけで、外出先での充電体制として、まずは
・汎用のAC充電器
 株式会社リックス製、FOMA/Vodafone3G対応
 実売で800円ほど
・USB充電コード
 株式会社ラスタバナナ製、FOMA/Vodaonfe3G対応
 巻取りリール付き、実売500円ほど
 ※USB(+5V)さえあれば充電可能なコード
・シガープラグ用充電器
 株式会社リックス製、FOMA/Vodafone3G対応
 12V/24V車対応、実売900円ほど
 ※ブルーLEDがまぶしい~。
という3種類の充電器を確保し、1つは会社に、1つは車に、あと1つはノートPCと一緒に持ち歩きという事で、 電源確保の体制を整えたのでした。

もっとも、気合をいれて本格的に充電体制を整えるならば、三洋電機株式会社から発売されているリチウムイオン携帯アダプタ(KBC-L1)の使い勝手がかなり良さそう。
重さが54gと軽くて、携帯電話を2回分フル充電できるといううたい文句がなかなか魅力的。
メーカー希望小売価格が7,140円と少し前述のアダプタ類に比べて1桁ほど高くなってしまうのが難点ではあるが、 携帯性もよくて単体で充電できるという魅力はなかなかのものじゃないかなと・・・。
(さっきショッピングサイトで値段を見たら3,979円でした。意外と安いような・・・)

投稿者 yamatec : 23:24 | トラックバック (1)

すごいぞ、eneloop!

昨年(2005年)の暮れにお試しの意味もこめて購入してみた三洋のeneloopですが、すごいです。

とりあえず単三形を4本入手して、パッケージを開封して即使用開始できたのはもちろんなのですが、 使用開始から5ヶ月たった今でもまだ一度も充電した事がありません。

テスト環境としては、電池の消耗がなぜか激しい我がデジカメE-10を選んでいるのですが、 最近はコンパクトデジカメをメインに使用しているためになかなかこの大型デジカメを使用する機会がなく、 いつも気が付けば電池が消耗しきっていて数枚の撮影どころか起動すらできなくなっている為に「使い勝手が悪い~」と嘆いておりました。
※ちなみに、主に三洋のNi-MH 2300mAh品をよく使ってました。

ところが、eneloopを放り込んで早くも5ヶ月ほどになるのですが、つい昨日も難なく十数枚の撮影を問題なくこなし、 しかもそのパワーは衰えた感じを全く見せないという、すばらしい安心感がありました。
※従来の二次電池なら、とっくに自己放電等で起動不能になっていたであろう・・・

さすがに三洋さんが全社をあげて市場投入してきたという気合の逸品だけあって、 そのうたい文句に負けない性能を見せ付けてくれております。
この自己放電の少なさは、使用間隔が長く開いてしまう機器にはとっても好都合! バックアップ機材に入れておいてもとっても安心できる電池です(^^)

投稿者 yamatec : 09:49 | トラックバック (0)

904SHでBluetooth接続を

Willcom Ringに参加している身でありながら、今回もWillcomネタにかすりもしません。というか、 WX310Kにでも機種変しようかなーと確保していた予算を全てVodafone 904SHに充当してしまいました。ごめんなさい。
(※W-ZERO3買ったから許してね、会社名義だけど・・・)

というわけで、個人的にV601SHから904SHユーザーへと転身しましたので早速今まで指をくわえてみるしかなかった事をば実践。

まずはBluetoothによる無線接続を試してみることにしました。

我が身の回りでは初めてのBluetooth搭載機器となるわけですが、当然相方がいないとお話しになりません。
というわけで、まずBluetooth USBドングルを確保する必要があります。
最近はBluetooth内蔵のノートも増えてきたからか、あまりUSB接続のアダプターも見る事が少ないですが、 実売では1,000円台後半から4,000円までで購入できるようです。
Bluetoothも Ver1.1や1.2、あと2.0やEDRなんてのもあるようで、 しかもなぜか生産終了のアナウンスまでもよく目に付くように。

あまり各社の製品の違いが判らないので、とりあえずお手ごろなアイオーデータ製のUSB-BT12(ver.1.2対応。 価格3,700円)を購入してきました。決め手は、 対応機種リストの中にWX310Kが入っていたからというだけなのですが・・・。

さて、USB-BT12の付属ドライバをインストールした後にUSBに接続し、対応デバイスを検索・・・、 904SHが見つかったら数あるプロファイルの中からDUNとFTPを選択してあげる事で準備完了になります。

この状態でFTPプロファイルのアイコンをダブルクリックしてあげるだけでも904SHのフォルダが表示されて、 直接ファイルを送り込む事もできるようですが、 ファイルの転送やフォルダ一覧の表示の際に毎回904SH側でボタンを押してあげないといけないので若干不便です。

そういえば904SHにはCD-ROMが付属していたので・ ・・

904SHに付属していたCDからHandset managerをインストールしてあげると、Handset managerの起動時に自動的に周辺デバイスの検索が実行され、 通信範囲内にある904SHとはDUNプロファイルで接続する事になります。
この時、一度だけ904SH本体のBluetooth接続Yes/Noのキー操作をしてあげる必要がありますが、 一度Yesと答えてあげれば、あとは連続してファイルマネージャやSyncManager、 ピクチャーや電話帳などの機能を使って904SHとデータのやり取りができるようになります。
当然、Bluetoothの電波の届く範囲内ならどこに置いておいても問題なくやり取りができます。
※ただしBluetoothで接続中は着信ができないようです。

ただし、Handset managerを閉じても904SHはBluetooth接続状態をキープしたままの状態になっているので、 用が済んだらPC側からDUNを切断するか、904SH側でキャンセル操作をしてあげる必要があるようです。(放置したらタイムアウトするのかどうかは試していない・・・)

私はいまのところ実験的にOutlookに入力してあるスケジュールを904SHにSyncManagerを使って転送していますが、 スケジュールのデータを転送する手段としてはなかなか使い勝手が良いようです。 (ただし904SH自体のスケジュール機能が若干見難いが・・・)

やはりminiSDのような小さなメモリーカードを一々携帯から抜き差ししてデータ転送するのは面倒ですからねぇ、 こういった携帯機器にはBluetoothは最適ですね。

投稿者 yamatec : 02:07 | トラックバック (0)

2006年5月 1日

ひかり電話の設定が辛い

えー、先日ようやく自宅に「光」が開通しまして、同時に「ひかり電話」を申し込んでトータルコストとしてはかなり落とせたんですが、 やはり懸念していた通り若干の問題が・・・。

ウチでは「光」が入るまでは電話にISDNを使ってまして(ちょっとヘンな表現ですが)、i・ ナンバーで合計3つの番号を割り当てて貰ってました。
その内訳はというと、
(1つめの番号)自宅の電話機。
(2つめの番号)自宅のFAX。
(3つめの番号)書斎の電話機。

で、その制御にはヤマハのTA/ISDNルーターであるRTA50iを使ってたんですが、これがまた柔軟な設定ができる良い子でした。

前述の(1つめ)と(2つめ)の電話番号はどちらも同じ電話機 兼 FAXに繋がっていたんですが、(1つめ) に架かってきたときは普通に電話のベルを鳴らし、(2つめ)に架かってきた時はベルを鳴らさずにFAXを受信させるという 「FAX無鳴動着信」なるものが設定できました。
が、しかし、”ひかり電話”でレンタルされる機械(AD-200SE)にはそんな項目がなく、 呼び出しベルの鳴り方を変えることでどちらの番号に架かってきたかを判るようにできる程度・・・。

それ以外にも、RTA50iでは例えば着信転送や三者通話、通話中転送も自前で設定できたり、 TELポートごとに番号通知のデフォルトON/OFFが設定できたりと、大変柔軟に設定ができるようになっていたのですが、”ひかり電話” のAD-200SEでは少なくとも現時点では、そういった柔軟な設定は出来ない様子です。

逆にできる事というと、
・ポート毎に着信する番号の選択
・ポート毎に通知する番号の選択
・電話番号ごとの着信音(1 or 2)
・ナンバーディスプレイ機器の使用有無
・モデムダイヤルインの使用有無
・割込音通知(キャッチ)の使用有無

といったところです。
まぁ、きっと一般的にはこれだけできれば充分というところなのでしょうねぇ。

実は無線LANを使った電話機子機の利用やTV電話端末の利用もできるらしいのですが、その辺りは良く判りません。高そうだし、 試していないから・・・。
それにしても、やはり電話という点で見るとISDNは大変よく出来たものだったんだなぁとつくづく思います・・・。 このISDN時代の開発成果をどうしてその後に出てきたサービス「ひかり電話」にも反映できないのか・・・ はやくバージョンアップして追いついてくれないものかなぁ。

投稿者 yamatec : 17:27 | トラックバック (0)