« フレッツ・光プレミアムにしてからのMTU調整 | メイン | 結局ウチのネット構成は »

2006年5月 8日

そういえばdebianのMTU調整は

WindowsマシンのMTU調整はNetTuneでちゃあんと1438に設定でき、とっても快適な状態になったのですが、 ウチのネットワーク内にはdebianなマシンも稼動している・・・。

内側でしかサービスしていない玄箱くんはとりあえず問題ないであろうからそのまま放置するとして、 外向けにサービスを提供しているdebianサーバーくんの設定値はどうなっているのかと見てみると、

MTU:1500

ということになっている様子。
なんとなくこのまま放置しておくのがためらわれたので、 /etc/network/interfacesup ifconfig eth0 mtu 1438 と1行追加してみた。

書く場所はホントにこのファイル中でよかったのかな?と思いつつもrebootし、同じように調べてみると、

MTU:1438

と返してくれたので、ちゃんと設定はできたようだ。
とりあえず正解ではあったらしいが、debian等に手馴れた方なら、いったいどこに値を書き込むのであろう?ちょっと気になるところ。

投稿者 yamatec : 2006年5月 8日 00:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/157