« ダ・ヴィンチ・コード上巻を読んでました | メイン | 自分用DS Liteに目印を »

2006年5月 3日

フレッツ光プレミアムのセキュリティ対策ツール

ま~ったく意識していなかったんですが、先日我が家に開通しましたフレッツ光プレミアムのスタートアップCDには、 セキュリティ対策ツールなるものが入っておりました。

設定マニュアル通りにツールのインストールを進めていくと、このセキュリティ対策ツールも一緒にインストールすることになるのですが (もちろん、キャンセルすることも可能です)、よく無料で配布されている体験版 (60~90日だけ使えるもの)と思い込んで無視しておりました。
しかもウチで稼動しているPCはすべて、 先日ウイルスバスター2006或いはノートンインターネットセキュリティ2006を購入してリプレースしたので、 まだまだ使用日数も充分残っているし検討する必要もないと思っていました。

でも良く見てみると、 セキュリティ対策ツールの画面はウイルスバスターに似てはいるもののウイルスバスターの文字は一切入っていないし、 どうやらNTT向けカスタム版の様子。
使用期限も特に明記されておらず、よく無料配布されている体験版という扱いではないようです。

そういえば、フレッツ・ 光プレミアムの各サービスIDやパスワードを記した用紙にはセキュリティツールのシリアル番号も記載されていたので、 フレッツのサービス月額の中にセキュリティツール1ライセンス分も含まれているという理解が正しいようです。
ちなみに、2台目以降のPCにインストールする為には「ライセンス・プラス1」又は「ライセンス・プラス4」を申し込む必要があり、 それぞれ月額420円又は1,650円という価格設定になっているようです。
(1回線につきいずれか1契約という条件らしいので、1台追加か4台追加を選ぶしかなく、 2台とか3台だけ追加というコースは無さそうな雰囲気ですね)

さて、このセキュリティ対策ツール、見た目からしてウイルスバスターのカスタマイズ版だと思うのですが、 機能的には一体なにが違うのか?一説によればIPv6サポートになっているところが違うらしいですが・・・、 ライセンス的にはまだ本家ウイルスバスター2006の使用期間もたっぷり残っているので、 使い続けて問題がないのならウイルスバスター2006の使用期限が切れるまでは使い続け、 その後に乗り換えるというのが費用的には一番効率が良さそうなのですが、 実際のところ本家とサポート面や機能面でどの程度異なるものなのか少し調べてから利用したほうがよさそうですね。

投稿者 yamatec : 2006年5月 3日 18:14

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/149