« サーバーが熱い | メイン | ロボットwatch創刊 »

2006年5月28日

無線ハンズフリーキット購入

車の運転中に携帯電話を使っちゃだめよ、という事になって既に巷では定着してきたような気がする日々。
(もっとも今でも運転中に使っている方を時々見かけますが・・・)

実際のところ、運転中に携帯電話の着信があるとまず「携帯電話を手探りで探し」、「誰からか?」とディスプレイを確認し、 「片手で持って通話」、という点でかなり危険を感じるので私は留守電モードに切替えたりしてしのいでいるのですが・・・
車を安全な場所に止めてからコールバックしようと番号を確認すると、 海外に駐在している人からのお呼びだったりしてちょっと個人のケータイで通話料を負担するのは「やだなぁ~」 と感じる事もちょくちょくあったりします。
あるいは、車を止められる場所がなかなか見つからず、やっとこさでコールバックしても時既に遅しといった状態だった事も・・・。

あらかじめ、運転中に電話が掛かってきそうな事が予想できているときには、 イヤホンマイクを携帯電話に接続して助手席にでも置いておくのですが、予想できないとき (ほとんどはコチラ)は当然、掛かってきてから即行でイヤホンマイクを接続するなんて器用なマネはできません・・・よね。

で、昔からものぐさな私としては 「無線で勝手に繋がっててくれるハンズフリーキットがいいなー」と漠然と思ってました。
もっとも、先日機種変した904SHをはじめ最近のケータイにはBluetooth内蔵のものも増えてきているので、 そろそろBluetoothハンズフリーキットも手頃な価格になってくるかな?と期待してたりましたが、見つけちゃいました。

 お馴染みのI/O-DATAさんのワイヤレスハンズフリーキット(スピーカータイプ)、PDI-B904/CHFです。

20060528_1Bluetoothによる無線接続に対応したスピーカータイプのハンズフリーキットで、 電源はシガープラグなどから取る事ができます(12V/24V両対応)。
対応するプロファイルはHFPとHSPの2種類で、ちなみにVodafone 904SHの場合はHFPで接続されるようです。
(箱の裏面にはBluetooth 1.1、通信距離10m、対応プロファイル: GAP,SDAP,HFP,HSPと記載されてました)

Bluetooth接続という事でとっても理想的なハンズフリーキットだと思いはしていたものの、 たしか割と高い値段で手が出しにくかったよなーと敬遠しておりましたが、先日なんの気まぐれかアイオーさんの直販サイト「ioPLAZA」を見てみると、通常価格12,800円のところ、 特別価格3,480円との表示が(! )

しかも「アイ・オー・データBLOG」をチェックしてみると、 新製品モニター販売の記事がエントリーされてり、その商品群の中にPDI-B904/CHFも含まれていて、 限定10台ながらも価格はさらにお得な2,980円(!)。 のちほどアンケートに答える義務はあるようですが、ブロガーにとってそんなのは日常です(よね)、さっそく注文。
この値段なら、イヤホンタイプのBluetoothハンズフリーキットよりも安いかも。

もちろん、ハンズフリーキット以外にもお得な価格でモニターできるようなので、一見の価値は有り! モニターは商品ごとに先着順になっているようですね(^^)

さて・・・、注文からわずか2日で手元に届いたハンズフリーキットですが、車への取り付けはまた後日のレポートにて。

投稿者 yamatec : 2006年5月28日 18:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/169