« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月13日

PCで学習リモコン

何気に仕事中にネットを見ていると、バッファローからUSB接続の赤外線リモコンユニットが発売されている、という記事を発見した。

私的には、ずーっと昔にHAL研の学習リモコンを使っていたことがあって、実はそのリモコンにはシリアルI/ FでPCから制御ができる、というオマケ機能がついていたのですが・・・、 オマケ機能を使うためのキットが高くて手を出せなかったという思い出があります・・・。

それはさておき、このバッファローの赤外線学習リモコンキットですが、実売で4980円くらいらしく、 とっても手を出しやすい価格帯にいます。
で、特徴はそれだけでなく、送信部が4つもついているという、とってもありがたい製品なようです。

これならば、例えば明かりの灯っていないPC部屋で、デスクトップPCの前に座ってみると(よくやるんです、 つけるのが面倒で真っ暗な部屋のままディスプレイの明かりだけで作業することが・・・)、勝手に部屋の照明をつけて、 室温によっては扇風機のスイッチをいれたりエアコンのスイッチを入れたりと、 ちょっと気の利くPCに仕立て上げることができるかもしれませんね(^^)

投稿者 yamatec : 01:08 | トラックバック (1)

2006年9月10日

512MBと1GBは体感速度が歴然

製作してからもうかれこれ2年以上になるうちのメインマシンですが、ずーっとRAM容量512MBでがんばってきておりました。

しかし最近、再起動や休止状態からの復帰時に、とにかくやたらに遅くなってきたので、HDDの整理やらなんやらかんやらと、 設定だけでなんとか快適にならないものかと頑張っていたのですが、やはり常駐物が多い環境ではなかなか改善されず・・・、 起動に3分ほどかかるというのも日常的なことと、半ばあきらめておりました。

しかーし、 余ったRAMを512MBほど提供して貰えたのをキッカケにメインマシンのRAM容量を1GBにして使用してみたところ体感速度が劇的に改善。 休止状態からの復帰も、80秒ほどでログイン完了できるようになりました。
※キッカケとなった余り物RAMは結局、 使用中のRAMとの相性が悪くて超不安定だったのですが・・・、やはり速度の改善は体験できたので、 思い切って1GBほど購入するキッカケにはなりました。

やはり常駐物の多い環境ではRAMを増やすのが一番という訳で、あと1GBほど増やせばもっと快適になるような気もするのですが、 さすがに今から更にDDR-SDRAMを購入するのも勿体ないような気がして(どうせ今から投資するなら、 DDR2を使うシステムに刷新したいところですからねぇ)、やはり512MBで我慢できていたような環境なら、 1GBにするのが一番コストパフォーマンスも良いかなと思ったり・・・。

あ、もともと使っていた512MB(256MB*2)はあとで買った1GB(512MB*2)と相性が悪く・・・、 残念なことにトータル1.5GBに出来なかったのが心残りといえば心残りなのですが。

投稿者 yamatec : 15:44 | トラックバック (0)