« 2006年9月 | メイン | 2006年11月 »

2006年10月31日

いよいよ通話料も単純になった

連日の発表が気になってしょうがない。30日にはいよいよ「実は高くなってるやん」と言われてた他社あての通話料も”20円 (税込み21円)/30秒”一律という発表がなされた様子。

そろそろ単体契約では料金メリットが確実にあると感じるようになってきたのですが、はて、家族割りはどのように組めるのか? ソフトバンクモバイルのWEBサイトを見てもそのあたりの詳しいことが掲載されていない。

もともと、家族割りを組むと子回線側の基本料金が50%OFF、通話料も50% OFFということでとても料金的にメリットがあったのですが、今度のゴールドと家族割りの組み合わせは、はたして割引率がいくらなのか? とかどのプランと組めるのか?(ゴールドとゴールド?ゴールドとバリューパック?) という情報が全くないので、いまいち機種変のお勧めができないところ・・・

とりあえずサイトから問合せは入れているものの、昼すぎに入れたメールに対する「受け付けました」 という定型文の回答メールが届いたのが20時を回ってから。
やはりかなりの混雑なのであろうなぁ。

投稿者 yamatec : 01:15 | トラックバック (0)

2006年10月29日

今更ながらPentium4に換装

先日ふと、某オークションで勢いでPentium4を落札してしまい、品物が届いたのでいざ換装作業に。

いままでCeleron2.4GHzで特に遅いとも感じず (ウイルスバスター2007を入れた直後はさすがに色々と遅くなりましたが、後に解決)、 不自由なことはないと思っていたのですが、Pentium4 3.0GHz (すんません今更のスペックで)に換装してみると・・・
あらあらあら、はやいじゃないですか。ひっかかりがないっていうイメージ。

一体何年前の話しだ、ってツッコミをうけそうな話しですが、快適になっちゃいました (ごきげん)

で、何事もなく1日が経過し、iTunesを立ち上げてみると・・・
購入した曲の認証ができていない、という扱いになりiPodに転送されませんでした。 どうやら別のPCという扱いになってしまっている様子です。
もっとも、パスワードを1回要求されただけで、あとは問題なく認証されたっぽいです。 前のCPUに戻して認証を解除しろなんて言われたらどうしようかとドキドキしました(笑)

それにしても、CPU換装直後まで体調不良だったのだが、 それでもCPU換えてる間に体調が戻ってくるのを感じた自分が少し怖いかも(笑)

投稿者 yamatec : 23:52 | トラックバック (0)

2006年10月24日

予想された予想外割が

でた。やっぱりソフトバンクからでた。
MNPを目の前にして、なかなかでないとヤキモキしてたがやぱり出た。

http://mb.softbank.jp/mb/special/yosougaiwari/index.html

詳しくは26日以降に店頭で・・・。

そうですか、そうきましたか。
ケータイWatchなどの記事を読んでいると、ソフトバンクどうしの通話は無料になるとかSMSも無料だとか、なんだか色々と面白そう。
さらに来年1月のキャンペーン終了までに新プラン(ゴールドプランと新スーパーボーナスでしたっけ?)を申し込むといきなり70%OFF (継続利用11年目相当)から始まるという・・・つまりは、現状数年目という継続ユーザーも乗り換える価値あり?という価格になってしまう、 非常に興味のわく内容になってますな。

さらに、auのプランとDocomoのプランを丸ごとコピーしてなおかつ200円以上下げます。 さらに元になったプランが値下げされればソフトバンク側も追従して下げます。と公言したこともおもしろい。
さすが孫さんだわ。すなおに驚いた(^^;

とりあえず、26日まで情報収集。いったいウチにとってどのようにメリットがあるのかないのか。

投稿者 yamatec : 01:15 | トラックバック (0)

2006年10月22日

TSUTAYA DISCAS無料お試し

オンラインレンタル(DVD・CD)のTSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)を試してみました。

かーなり前から「どうしようかなー、高いしなー、でも返しに行く手間がないから楽だなー」と、 迷いに迷っていたのですが、とうとう「1ヶ月無料お試し」キャンペーンにエントリーしてしまいました。

当然ながら、オンラインでエントリーした直後から、もう会員としてレンタル予約ができるので、見たい(あるいは聴きたい)ものが決まっているときにエントリーするのが良いかも。

なお、正規会員になったら月額1974円で8枚(CD・ DVDを問わず)までなのですが、1回のレンタルでは2枚まで。 借りた2枚の返却が確認されてから次の2枚が送られてくるという方式。 (事前に予約リストを入力しておいて、在庫のあるものから順番におくられてくる事になるのですね)

さて、1ヶ月の間に8枚も本当に借りることができるのかどうか?まずは2枚を申し込み翌日に発送してもらい、 到着したその日にiTunesで取り込み、ポストに投函。
投函した翌々日には返却完了のメールが届いた。これで1回のプロセスに6日ほど。
で、予約リストに従って次の発送案内メールが来るまで中1日。明日には次のDVDが到着する予定だが・・・。

このペースではたして本当に1ヶ月で8枚も借りることができるのだろうか???
とりあえずあと3週間あるお試し期間中に、継続するかどうか考えなけりゃ。

投稿者 yamatec : 03:41 | トラックバック (0)

ウイルスバスター2007が重かった

第二業務用に活躍してくれているVAIOくんには気まぐれでノートンが入っているのですが、 それ以外の我が家のPCではウイルスバスターが導入されております。

そして、そのうち2台が2006から2007バージョンへと更新され、うち1台 (予備実験機)は何の問題もなく(まぁ使用頻度が低いから・・・とか、 入っているアプリが常に少ないからとか、色んな要因はあると思いますが)、快適に動いてくれています。

ところが、我が家の主力機であるはずの1号機くんの様子がおかしい。どうもウイルスバスター2007を導入した翌日くらいから、 どうも動作が緩慢になってしまっているのが体感できるようになってしまいました。

ここ数年システム更新をしていないのですっかり遅い部類に入ってしまっているのは間違いないのですが、それでも先日メモリを増強して、 かなり快適になったと体感していただけに、ちょっとショックが大きかったのですね。
で、とりあえず重い原因を探ろうと、タスクマネージャを開いたまま観察していると、 通信を行う動作で異常にCPUをくっているのが判ったのですが・・・原因が特定できない。

ある程度の傾向をトレンドマイクロ社にメールしたものの、やはり原因の切り分けを必要なので、 ウイルスバスターの関連タスクを個別に切り離して試しておくれ・・・という内容の返答以来ぜんぜん試せてないです。

あちこち検索をかけてみたところによるとGoogle系のアプリと相性がどうのこうの、という話しもあったので、 とりあえずGoogle Desktopを使わないようにすると、しばらくの間は快適になりました。 でも翌日にはやはり同じように重くなってきたのでした。

やはり2007導入ははやまったかと諦めかけたとき、ふと思い立ってJavaのバージョンを確認したところ、ver 1.4.1と表示されておりました。んでもって、現状のバージョンはというと1.5.0あたりらしいです。
まさかこれと当たっているのか?いやもう当たってると言っておくれ、と思いながら以下からJavaをアップデート。

http://www.java.com/ja/

さて、アップデート後はかなり快適になり、2006を利用していた当時と同じ程度まで重さを感じなくなりました。
それ以来3~4日ほど経過してますが、いまのところ当たりのようです。
もし2007にしてトラぶっている方は、一度試してみる価値があるかもしれません。もし外れでもJavaは新しくなりますしね。

もうしばらく使ってみて問題も再現しないようであれば、宅内の2006バージョンは全て2007バージョンで更新して、 なおかつ今回のバージョンからは1シリアルで3台までインストールできるようになったので、 ウチの場合は2シリアルで全てのPCにインストールできる事になって、コスト的にも助かることになる・・・はずなのです。

投稿者 yamatec : 02:57 | トラックバック (0)

激務のパートナーなVAIOくんのバッテリーが

先々月ごろよりとても激務な状態が続いて、ネタはあるのに更新が手付かずの日々です。

そんなことはさておき、激務のパートナーとして大活躍してくれている我が家のVAIO、VGN-T92Sくんなのですが、 先日のバッテリー回収対象として発表された中に、ばっちり候補として入っておりました。(ぱちぱちぱち)

というわけであんまり嬉しくはないのですが、そこはそれ、1年以上使ったバッテリーが、 タダで新しいバッテリーと交換してもらえると考えておくことにしましょう(笑)

いまのところ具体的な交換手順などはまだアナウンスされていないのですが、まさか、先にバッテリーを送ってから、 交換用のバッテリーが届くなんてな事にはなりませんよねぇ(疑)・・・、いまVAIOくんがモバイル運用できない状態になってしまったら、 私の業務はあっというまに崩壊してしまうでしょうなぁ。

パーソナルコンピューター VAIO のバッテリーパック自主交換プログラムについて

投稿者 yamatec : 02:26 | トラックバック (0)

2006年10月 1日

ソニー製のバッテリー交換対応

DELLのノートパソコンに端を発したソニー製リチウムイオン電池の発火問題・・・ここにきてとうとう、 全世界を対象として自主交換を実施する方向で発表がされたようですね。

そういえばうちの新旧含めたVAIOも多分ソニー製バッテリーだよなぁ、 さすがに本家本元での交換は無いだろなぁと思っているとそんなことはなく、しっかりVAIOまでを含めた形で検討しているらしいです。

もっとも、ソニー製バッテリーが全て即座に発火するというわけでなく、いや殆ど全ては大丈夫なはずで、 稀にバッテリーのロットとPCの相性によっては発熱や発火などという現象もありえるよ、というソニーさんの発言はきっと真実の一部で、 仮にPCメーカー側に非があったとしても納入先との契約上それ以上の事は言えない・・・ってな歯がゆい状態なのかもしれないですね。

しかし全世界で自主交換なんて早々に宣言できるというのはやはりさすがソニーさん。たしかに消費者の身で考えてみるとやっぱり、 寝ながら充電している間に発火でもされたらシャレにならないですからね。
さすがにこの後は交換対象を絞り込んでくるのでしょうが、それでも大掛かりであろうこと間違いなし。いや、たいしたもんです。

いや決して、かなり使い古してバテ気味のバッテリーをタダで新品の元気なバッテリーに交換してもらえるチャンスが来た、 なんて思ってないですよ(^^;

投稿者 yamatec : 04:14 | トラックバック (0)