« 激務のパートナーなVAIOくんのバッテリーが | メイン | TSUTAYA DISCAS無料お試し »

2006年10月22日

ウイルスバスター2007が重かった

第二業務用に活躍してくれているVAIOくんには気まぐれでノートンが入っているのですが、 それ以外の我が家のPCではウイルスバスターが導入されております。

そして、そのうち2台が2006から2007バージョンへと更新され、うち1台 (予備実験機)は何の問題もなく(まぁ使用頻度が低いから・・・とか、 入っているアプリが常に少ないからとか、色んな要因はあると思いますが)、快適に動いてくれています。

ところが、我が家の主力機であるはずの1号機くんの様子がおかしい。どうもウイルスバスター2007を導入した翌日くらいから、 どうも動作が緩慢になってしまっているのが体感できるようになってしまいました。

ここ数年システム更新をしていないのですっかり遅い部類に入ってしまっているのは間違いないのですが、それでも先日メモリを増強して、 かなり快適になったと体感していただけに、ちょっとショックが大きかったのですね。
で、とりあえず重い原因を探ろうと、タスクマネージャを開いたまま観察していると、 通信を行う動作で異常にCPUをくっているのが判ったのですが・・・原因が特定できない。

ある程度の傾向をトレンドマイクロ社にメールしたものの、やはり原因の切り分けを必要なので、 ウイルスバスターの関連タスクを個別に切り離して試しておくれ・・・という内容の返答以来ぜんぜん試せてないです。

あちこち検索をかけてみたところによるとGoogle系のアプリと相性がどうのこうの、という話しもあったので、 とりあえずGoogle Desktopを使わないようにすると、しばらくの間は快適になりました。 でも翌日にはやはり同じように重くなってきたのでした。

やはり2007導入ははやまったかと諦めかけたとき、ふと思い立ってJavaのバージョンを確認したところ、ver 1.4.1と表示されておりました。んでもって、現状のバージョンはというと1.5.0あたりらしいです。
まさかこれと当たっているのか?いやもう当たってると言っておくれ、と思いながら以下からJavaをアップデート。

http://www.java.com/ja/

さて、アップデート後はかなり快適になり、2006を利用していた当時と同じ程度まで重さを感じなくなりました。
それ以来3~4日ほど経過してますが、いまのところ当たりのようです。
もし2007にしてトラぶっている方は、一度試してみる価値があるかもしれません。もし外れでもJavaは新しくなりますしね。

もうしばらく使ってみて問題も再現しないようであれば、宅内の2006バージョンは全て2007バージョンで更新して、 なおかつ今回のバージョンからは1シリアルで3台までインストールできるようになったので、 ウチの場合は2シリアルで全てのPCにインストールできる事になって、コスト的にも助かることになる・・・はずなのです。

投稿者 yamatec : 2006年10月22日 02:57

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/190