« さて、ホワイトプランですが | メイン | VISTA対応マシンでも作ろうかと »

2007年1月13日

ノートを新調、Giurisに。

PC部屋のネタですが、パソコンの話しじゃありませぬ。

会社では支給品のB5ノート(コクヨ)、プライベートではB5ルーズリーフをリング状のとめ具(26穴のやつ・・・なんて名前だろう) で適当にまとめて作ったノート(一応自作ノートだな(笑))を使うという、 筆記具関連の環境はかなり無頓着な私なのですが、そろそろお気に入りのノートが一つ位あってもいいかなと思うようになってきておりました。

当初は予算を1万円前後と考えてシステム手帳を物色していたんですが、なんとなく私的にはシステム手帳がしっくりこなくて 「やはり中身はルーズリーフの方が、穴も多いし得した感じ(?)」と、カバーファイルを探すことにしました。

サイズは、職場用にはB5がピッタリ(A4の書類を挟んで持ち歩きやすい) なのですが、プライベート用だとキーボードの手前に広げて書き物をするのが多いというスペース上の制約と、 かばんの中への入れやすさから、A5サイズが使い勝手が良いと考察。
ちょうど読んだ雑誌に紹介されていたマルマンのファイルノート「ジウリス」のA5サイズが、値段も手ごろ(2,310円) で使い勝手が良さそうなので調達することにしました。

ところが・・・、探してみるとなかなか見つからない。たしか06年10月ごろに発売されているはずなのに、 店舗ではまったく入手できない(どうやら現在メーカーで増産中らしいです) 状況でした。
・・・おかげで、探索に出かけていた間に消費した駐車場代が(涙)

そろそろ使っちゃった駐車場代を累計するとファイルを1冊買えそうになってきたときに、 ヤフオク上のネットショップで1冊だけ出品されているのを発見。しかもありがたいことに定価より少し安い。 早速落札して送ってもらったのでした。

20070113_1 実際に届いた商品を持ってみると、なかなか予想通りのしっくり感があり、 インデックスもタブ周辺がラミネート加工されていて少し丈夫そう。専用のルーズリーフは20枚セットされていて、 なかなかの紙厚があって書きやすそう(私は普段6mm罫を使っているので、 7mm罫なのが少し残念だが、細かい点線になっているのは良いかも)

ただ難点は・・・専用ルーズリーフもまだ入手困難なところかなぁ。とりあえず近所で見つけたコクヨのA5(6mm罫) を60枚ほど突っ込んでいますが。
あと無地の用紙があれば、適当なフォーマット(カレンダーとかね)をプリンターで印刷してはさんでおけるんですが、 これもなかなか見つからないですね(苦笑)

投稿者 yamatec : 2007年1月13日 20:23

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/212