« マクドナルドでコーヒーおかわり | メイン | あぁっ、今日は4月1日 »

2007年3月 7日

おぉ、次点落札詐欺師っていっぱいいるのね

最近、ヤフオクでとある物に入札した事があるんですが(残念ながら落札できなかったんですが)、 そのオークション終了後数時間~2日までの間に、出品者を語る方からのメールが3件(=3名)ほど到着。

どれも文面はおおざっぱに「落札者がキャンセルしたいと言ってる」「あなたの言う条件で取引したい」という内容で、 いわゆる次点落札詐欺なんです。
が、しかし最初の1通目は、ついまじめに読んでしまうほど相談口調。うっかりしていると返事してしまいそうになります。

ヤフオク自体にも、そういった類の文面例が載っているんですが、ちょっと露骨な書き方の例が1つ掲載されているだけで、 私のところに来た文面はどれもワンクッションおいている感じがしましたなぁ。
まぁ騙そうとする方もそれなりに頭を使うわけでしょうな。

さて、なぜ私のところに来たのが詐欺メールだと確信できたのか、という点なのですが、
現在の私のヤフーメール設定では、
[YahooID]+とある文字列@yahoo.co.jp
というメインのアドレスと、 それ以前に使っていた
[YahooID]@yahoo.co.jp
を転送受信するという設定にしてあるのですね。

で、メインのアドレスは出品者にしか伝わらないのですが、以前のアドレスは単純にYahooIDにドメインを足しただけなので、 入札履歴をみると容易に推測されてしまうわけなのです。
そうして、実際に私のところに届いた詐欺メールの”宛先”を見ると3件中2件は以前のアドレス宛て、 そして残りの1件は大胆にもbccに以前のアドレスを入れているらしい設定 (toが送信者本人宛。まぁ社内で多くの相手に送信する時にはよく使う方法ですが)

ヤフーもこういった自体は把握しているらしいのですが、なんだかあまり大きな声でアナウンスしているような雰囲気はないですねぇ。
「アドレスを変更した方がいいですよー」みたいな表現にとどまっているので、 もっとハッキリと「アドレスを変更しないと面倒なメールが来ますよ」と言い切ってしまえばいいのに・・・ と思った。

もっとも、わざと詐欺メールを受け取って、 話しに乗るふりをして振込先口座番号とか個人情報を聞きだすという楽しみ方もあるのかもしれませんが(笑)

投稿者 yamatec : 2007年3月 7日 01:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/225