« Xbox360を確保 | メイン | 携帯用サイトで »

2007年12月 9日

Happyになるプリン

食べればHappyになると言われる「Happyプッチンプリン」
メーカーのグリコさんによると「全国で神出鬼没的にゲリラ販売をしています」 とのことですが、仕事帰りにたまたまコンビニで見つけて、思わず幸せになりたくて買ってしまいました (笑)

さてこのHappyプッチンプリン、普通のプッチンプリンと比べて何が違うのかと言うと、 その大きさ。
内容量は400gと、通常サイズ(内容量110g)に比べて3.6倍!
3個パックの小さなサイズ(内容量78g)と比べると、なんと5.1倍もの大きさになります。
ちなみに、比較用に買ってきた「Bigプッチンプリン」(内容量176g) もかなり大きいと思うのですが、それと比較しても2倍以上の大きさという・・・ とんでもなく巨大なプリンになります。

20071209_1

これだけ大きいと・・・やっぱり試してみたくなりますよね?そう、プッチンプリンなのですから当然、 容器の底にはプッチンするための棒があります。
最近はあまり皿に出すこともなく、容器に入れたままスプーンですくって食べることが多くなってきたのですが、 なんだか逆さまに食べてるという感じが強くていまひとつな気分だったのですね。
ですが、やはりここまで大きなプッチンプリンを目の前にすると、やはり試してみたくなる「プッチン」。
気になるのはもちろん「プッチン」した後にプリンがどうなるか・・・ですよね(^^)

20071209_6 20071209_5

で、容器から出したときはたしてプリンがどんな事になってしまうのか、想像図を描いてみました。
さて、はたして想像図2のように、プッチンした直後にエラいことになってしまうのか・・・
ちょっとした惨事を思い浮かべながら、お皿に容器を乗せていざ「プッチン」・・・。

20071209_2

わぉぉ・・・、自重でプリンが容器からはみ出してきたっ!(注:容器は自然に皿から浮いてしまいました)
この状態で容器を外したあと、 いったい原形をとどめてくれるのかどうか、ちょっとワクワクしながら、そーっと容器を持ち上げて外してみると・・・。

20071209_3

あら意外(グリコさん失礼!)、 悲惨な想像図2のようにはならず、不恰好な想像図1のようにもならず、ちゃんと自立しているじゃないですか。
ちょっと皿を振ってみても「ぷるんぷるん」と揺れるだけで、自重で崩れてしまうような気配はないです。
(まぁ若干傾いているような気がしないでもないですが(笑))

ちょっと悲惨な状態になることも覚悟(期待?)して大きめのお皿にもってみたんですが、その結果は意外にも素直に自立してくれて、 ちょっと残念なような気もする反面、さすがプッチンプリンと関心してしまったのでありました。
さて、お皿にもったこの巨大なHappyプッチンプリンですが、その後ちゃんと家族3人で突いて美味しく食べました。
いやぁ~、3人で分けても結構お腹いっぱいですよ。やっぱり独り占めするとカロリーオーバーかな?この記事を見た方、 安全なので店頭で見かけたらぜひ買って「プッチン」してみましょう。

投稿者 yamatec : 2007年12月 9日 19:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/257