« PC部屋の電灯が切れた | メイン | アイオーデータさんから返金 »

2008年2月24日

ひさびさの友人と

半年以上ぶりに友人より連絡があったので、頼まれ仕事のついでに晩飯を食いに(飲みにじゃないです)行ってました。
もっとも、友人とは言っても年齢差はかなりのもので、自分の親父くらいの歳なのですが・・・ (昔からのネットワーカーな為か、どうも”友人”と呼べる年齢層がやたら広いと自覚してます)

で、その友人、数年前にひょんな事から知り合ったのですが、ある意味私と対極の世界の方でして、 いわゆる裏の世界にも通じている方なのですね。とある会社の経営者だった (現在は思うところがあって第一線を退いている)ので、仕事柄というのもあった様子ですが、 それ以前に本人の資質というのも大いにありそうな方です。

さすがに歩んできた道が全然異なる事もあって(歩んできた長さも倍ほど違うし) 、その話しを聞かせてもらうだけでも楽しいし勉強になるんですが、 先方にしても話しを聞かせる相手がいるというのが楽しいとの事で、「俺の帝王学はな・・・」と、 ひょっとして(私が)教育されてるのかな?と感じられる事がしばしば。「君が社長になるならいくらでも金は出したる」 などと幾度か口説かれたりもしましたが(もちろん酒の席の話しですよ) 、一応今は丁重にご辞退申し上げております。

さて、この友人からの依頼でとある焼酎(の購入権)を確保したのですが、 私自身がまるっきり酒類がダメなのでその価値がよくわかりません。よく宴会などでも 「飲めない分色々な面で損している気がするなぁ」と悔しい思いをする事が多いのです。
噂によるとその焼酎はかなりのプレミアもので、地元宮崎でもなかなか手に入りにくいとか (意外にも近所で手に入ったのだが)。うーん、そんなにすごいのなら私も1杯いただいてみようかなぁ・・・って、 いきなり飲んだら倒れてしまうかも(苦笑)、せっかく確保したのに飲めないのはちょっと悔しい

投稿者 yamatec : 2008年2月24日 01:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/283