« 配達記録郵便がなくなる? | メイン | 週末の一息 »

2008年9月11日

ウイルスバスター2009発売

うちのPC部屋では、トレンドマイクロのウイルスバスター2008を使っているのですが・・・
いよいよ今年バージョンのウイルスバスター2009が発売になったようです。

そもそも、数年前はウイルスバスターとノートンが入り乱れた状態だったのですが、 たまたまその当時のバージョンのノートンの動作が極端に重かったのと、 ウイルスバスターが1ライセンスで3台までインストールできるという事になった為に、一気にウイルスバスターに一本化したのですね。
(いまはノートンも3台までOKになったのかな?)

で、年額が改定される前に2年契約したり3年契約したりしたものだから、今は2ライセンスで5台使用している状態。 (ついでにヴァーチャルマシンにも入ってたりしますが、これはフレッツ光について来る方なのでカウント外)

毎年のように、まるで年賀状ソフトのようにバージョンアップされるウイルス対策ソフトですが、今年の売りも「軽くなった」 ということらしいので、無料バージョンアップの権利を行使して、さっそく我が家で一番遅い(Pentium3 800MHz/768MB)実験機君にインストールしてみました。

元々が遅いのでかなり効果があるのかと思いきや、やはりCPUとメモリ不足の呪縛から逃れるほどではない模様。 でもアップデートの挙動がなんとなく軽くなったような
とりあえず実験機で様子をみて、それから順次展開というお約束のパターンになりますが、徐々にリプレースすることになっていくのでしょう。

そういえば、今回から1ライセンスで6台までインストール可能な体系も準備された様子ですが(ダウンロード販売のみ)、 うちの2ライセンスを前記にまとめたら、更新料金は少しお得になったりしないのかなぁ。

投稿者 yamatec : 2008年9月11日 23:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/348