« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月17日

全国こども電話相談室・リアル!

いきなりなんだ?!というタイトルですが・・・
山本シュウさん(レモンさん)がパーソナリティとして活躍することとなったTBSラジオの番組名です。

最初にこの話しを聞いたとき「TBSかぁ~、 ここ大阪では深夜でもなかなか入らないなぁ」と思って少し諦めておりましたが、番組HPを探すとあるじゃないですか、 ポッドキャスト配信が。(え?!いまどき当たり前なのですか??)

というわけでさっそくiTunesに登録しましたよ。これで大きなアンテナを作らずに済みます。
(実は本気で作ろうと思っていた)
ただ、私のiPod nanoはもうそろそろ稼動限界がきているようなのですが(苦笑)

投稿者 yamatec : 22:14 | トラックバック (1)

2008年11月 9日

電動アシスト??

なんだかよく見かけるんですが、小型の自転車や、キックボードみたいなものに乗っている方で、特にペダルをこぐこともなく (地面をけることもなく)かなりのスピードで走っているのをアチコチで見かけるのですが、流行ってるんですかねえ?

あきらかに小型のエンジン音のするキックボード風なもので歩道を疾走していく姿も見かけましたが、それは論外としても、 電動アシスト自転車風なもので車道を25km~くらいでこがずに走っている状態というのはわりとあちらこちらで遭遇するので。

どこかネット上ででも改造記事が上がっているのかと思うのですが、どうなんでしょうかねー。
いや、時々あぶないなーと思う事があるもので。

投稿者 yamatec : 13:54 | トラックバック (0)

2008年11月 8日

最近気になる複合機

とりあえずは今の設備で間に合っているとは言え、店頭で見かけるたびになんとなく気になる複合機があります。

ブラザー工業の「myMio」(マイミーオ)シリーズがそれなんですが。

出だした時にみた印象は正直言って「安くてありがたいけど、インクの入手性が心配だなー」とか 「あまり長続きしないような気がするなー」なんて思って敬遠してました(失礼)が、ブラザーさんがんばっているようですね。
当初から機能的には申し分なく、価格的にもとても良いところでラインアップも充実しているので、非常に気になる製品群となっております。

それぞれ頻度は低いけれども、スキャナが要る、FAXが要る、プリンタが要る、コードレス電話も要る、 単体でカラーコピーができてPCからのFAX送信もできる、なおかつ前面給紙でコンパクト、というような機能が欲しい場合に、 価格的に非常に魅力的な選択肢として浮上してきます。

で、その価格ですが、主力になりそうなMFC-650CDで1万円台後半、 新モデルのMFC-670CDでも2万円台前半というもので(もちろん機種・機能により異なりますが)、 ついつい自宅のFAXと入れ替えてもいいかなーとか思って衝動買いしそうになるほど・・・、いやぁ、いいところ攻めてきますよね、 ブラザーさん(^^;

投稿者 yamatec : 22:08 | トラックバック (0)

2008年11月 5日

MT4って消しちゃいけないのね

MT4を入れてから・・・ちょっと目に付くスパムが増えたようだったのでプラグインを追加してみた。
で、まあいつものごとく素直に動かない(苦笑)

結論から言うと、
昔のクセというか用心というか、MT4のインストール後にあまり使わなさげなcgiを削除したんですね。 mt-checkとmt-upgrade。

ところが、これがいけなかったらしい。
どうやらMT4ではプラグインなどを追加したときにも状況によってはmt-upgradeを実行しにいくらしく・・・ 削除してしまっているが故にうまく動けなかったのですね。

解ってしまえば簡単なことなのですが(^^;

投稿者 yamatec : 22:21 | トラックバック (0)

2008年11月 3日

MT3.2からMT4.2へアップグレード

というわけで先日、かなりの時間を費やしてアップグレードしたうちブログですが(ついでに見た目は全然変化ないのですが)、 その経緯をば。

まず、作業開始時点では Movabletype 3.2-ja だったわけですが、セットアップ当時に一番無難な選択だった Berkeley DB を選択をしていたが為に、直接Movabletype 4シリーズにアップデートする事ができませんでした(MT4ではBerkeley DBはサポートしていないので)。
というわけでSix Apartのお勧め通り、まずはMovabletype 3.36以降 (MT3.37がダウンロード可能ですね)へのアップデートを行い、Berkeley DB から SQLite へのデータベース変換を実行します。
ここでは事前にmt-config.cgiを設定し、ブラウザからmt-db2sql.cgiを実行します。
すると・・・、なにやらWARNINGが出ているものの、最下行にはDoneと表示されているのでデータベースの変換はできた様子・・・ だったのですが・・・。

いざ、MTにログインしようとするとパスワードが通らない。どんな組み合わせを試してみても通らないのでてっきり 「パスワードを忘れてしまった」と勘違いして、ココからmt-medicをダウンロードして実行。 これでパスワードの再設定ができると思っていたものの・・・なぜかアカウントが出てこない。
この時点でようやく、アカウント情報が消えてしまっている事に気づいたわけですね。

こういう事態になってやっと、アカウント情報がデータベースに含まれているのがわかったわけで・・・さて、 原因として推測されるのはBerkeley DB から SQLite に変換したときにアカウント情報が消えてしまったと考えるのが妥当と判断し、 仕方なく一旦バックアップを元にMT3.2へ書き戻しを実施。
Berkeley DBの設定に戻してみると無事にログインできたので、再びSQLiteへの変換を試してみる事に。

すると、MT::AuthのセクションでWARNINGが沢山出ていた。 そういえば最初に実行した時にもWARNINGが最初の方で出ていたなーと思い出す。それでも最終的には変換作業はDoneとなるわけで・・ ・、この時点でSQLite設定に変えてログインしようとするとやはりアカウントが消えている様子。
ようやく、データベースが変換できていない事が原因だと判ったわけですね。

で、さて困った。データベースが変換できないと、アカウント情報はもちろんながら、過去4年分の記事もすべて消えてしまうわけで、 できればそれは避けたいところ。
ひとまずMT3.2状態で記事のエクスポートはできているものの、可能な限り内部の変換のみで済ましたいというのが心情なわけで・・・。

目的をデータベースの変換というところに絞って探してみると、mt-db-convert なるものを見つけました。
これで各DB間の変換ができるようで、実際に試してみると実にあっさり、 WARNINGが出ることもなくSQLiteへの変換作業ができました。
さて、これでMovabletypeをSQLiteモードで動作させると・・・無事にログインすることができ、無事に変換できました。

ようやくこれでMovabletype 4.2へアップグレードできる準備が整ったわけで、さて、 いよいよMT3環境にMT4のファイルを上書き実施。
SQLiteを利用する設定でconfigを書き直し、いざログイン。
おお・・・アップグレードが始まった・・・完了した。
MT4自体は別サイトの構築でそれなりに触っているので見慣れたものだが、 その見慣れた画面がココのブログを動かしているサイトでも見られるようになるのはちょっと感動。

一通り設定を眺めて無事に環境移行できている事を確認し、いざ「再構築」。
以前のBerkeley DB設定では途中でエラーとなる事も多かったが、今回は10分ほどで問題なく再構築できて、 実際にブログを表示させても「見た目は何も変わらず」、バージョン表記だけが4.22-jaに上がっているという状態。 すばらしい(^^)

これで、ここ2年ほど放置状態だったウチのブログにも少しは手を入れることができたわけで、まだみすぼらしい所が随所にありますが、 ひとまず根幹部分の補修はできたかな。

しかし、今回つくづく思ったのは 「アップデートに慎重になりすぎて旬の時期をのがしてしまうと、追いかけるのが大変」だということですね。
たかだか個人利用のシステムなので、もっと積極的に追いかけねばと思ったしだいです(苦笑)

投稿者 yamatec : 14:54 | トラックバック (0)

MTをUpgrade

少なくともここ2年ほどは放置していたMTなのですが...
ようやく、一念発起してアップグレードすることにしました。

と、いうわけで、じつはコソッと変わってます。いや、旧テンプレートを使っているので見栄えは変化ないはずですが、バージョン表記が3.2-jaから4.22に上がってます。

もっとも、この程度しか変わってない裏側では、それはそれは面倒な作業に時間をたっぷりと取られましたが(苦笑)

投稿者 yamatec : 01:44 | トラックバック (0)

プリンセスメーカー

いまとなっては、DSやケータイアプリなどでも提供されているゲームですが。

第1弾が発売されたのは、たしか私が高校生くらいの頃だったでしょうか、ひょっとすると中学生くらいだったかも。
その当時って、パソコンゲームといえばダントツでNECのPC-98や88シリーズ向けのものが全盛で、逆に私の持っていたパソコン (SHARPのMZシリーズ)用のソフトなんぞ殆ど無く、「ないものは自分で作れ」 というのがMZユーザーの合言葉みたいになっていたような時代でした。

さて、そんな時代でしたので当然「やってみたいなー」と思うようなゲームが出ても横目で見るしかできず、 悔しい思いを幾度となく繰り返してきたわけなのですが・・・。

そんな中でもかなり異色だったプリンセスメーカーのシリーズがDS用に出たということで、なんだか積年の恨みを晴らすような感じで (笑)しばらくの間プレーしておりました。
こんな時につくづく、「スキマ時間を使うのにDSのような携帯ゲーム機は最適」と思うのですね。 よくバス待ちや電車待ちの間にDSやPSPを使っているのを見かけますが、あれこそ本来の使い道だよなあって思うわけです。 いや、そんな事はどうでもいいか。

そんなわけできっと世間よりも格段に遅いペースで娘育てにいそしんでた私ですが、 ようやく父嫁エンディングを迎えることができましたので、ひとまず満足満足(^^;
・・・その後のおまけストーリも一通り楽しませてもらいましたが、感想は 「胸の辺りがむずがゆくなるような」すごいお話しでした。

投稿者 yamatec : 00:46 | トラックバック (0)

2008年11月 1日

任天堂DSi発売

いよいよ、任天堂DSiの発売日となりました。
TVコマーシャルも良く見かけるようになり、しきりに「マイDS」を売りにしている様子が伝わってきますね。

さて、そのDSiですが、さほど大きな混乱もなく、それなりに発売スタートになったという印象が強いですね。
とりあえず家電量販店などでは「予約受付終了」などとは書かれておりましたが、 いくら入っているかといった情報はなかなか漏らしてもらえないようで・・・。

発売日当日は事前に予約した人だけが手にできるという形なのでしょうが、DS Liteの時のように数ヶ月待ちというような雰囲気はないので、意外に早く普通に買えるようになるのではないでしょうか。

ところでDSといえばマジコンの存在も切って離せないのでしょうが、今回はマジコン対策が入っているのでしょうか? 噂によればほとんどダメらしいですが、いずれマジコン側のファームウェア改修などが施されていくんでしょうね。
なんだか昔の(フロッピー時代の)コピーツール&コピープロテクトのいたちごっこが再来しているような気がします。

投稿者 yamatec : 10:02 | トラックバック (0)