« 任天堂DSi発売 | メイン | MTをUpgrade »

2008年11月 3日

プリンセスメーカー

いまとなっては、DSやケータイアプリなどでも提供されているゲームですが。

第1弾が発売されたのは、たしか私が高校生くらいの頃だったでしょうか、ひょっとすると中学生くらいだったかも。
その当時って、パソコンゲームといえばダントツでNECのPC-98や88シリーズ向けのものが全盛で、逆に私の持っていたパソコン (SHARPのMZシリーズ)用のソフトなんぞ殆ど無く、「ないものは自分で作れ」 というのがMZユーザーの合言葉みたいになっていたような時代でした。

さて、そんな時代でしたので当然「やってみたいなー」と思うようなゲームが出ても横目で見るしかできず、 悔しい思いを幾度となく繰り返してきたわけなのですが・・・。

そんな中でもかなり異色だったプリンセスメーカーのシリーズがDS用に出たということで、なんだか積年の恨みを晴らすような感じで (笑)しばらくの間プレーしておりました。
こんな時につくづく、「スキマ時間を使うのにDSのような携帯ゲーム機は最適」と思うのですね。 よくバス待ちや電車待ちの間にDSやPSPを使っているのを見かけますが、あれこそ本来の使い道だよなあって思うわけです。 いや、そんな事はどうでもいいか。

そんなわけできっと世間よりも格段に遅いペースで娘育てにいそしんでた私ですが、 ようやく父嫁エンディングを迎えることができましたので、ひとまず満足満足(^^;
・・・その後のおまけストーリも一通り楽しませてもらいましたが、感想は 「胸の辺りがむずがゆくなるような」すごいお話しでした。

投稿者 yamatec : 2008年11月 3日 00:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/369