« サーバー入れ替え中 | メイン | アクオス壊れました »

2009年6月 2日

ntpサーバーとの同期設定

うかつでした。
1号機の時刻がどんどんずれていってたのに、気づかなかったのです。

発覚のきっかけはメール。
先方から、「発信日時よりも先に返信が届いたことになってる」という話しをうけて、初めて1号機の時間がずれていってる事に気づいたのです。

設定は・・・windowsを再インストールした時にもちろん、自宅サーバーに設定しておりました。
でも、そのまま正常に同期できているか確認を怠っていたのです。

気づくと、たしかに分単位で豪快にずれてる。
GUI上で「今すぐ同期」とやってもエラー表示が返ってくる。

どうやらwindowsの設定を変更してやらないと、windows以外のサーバーとの時刻同期に失敗するようです。
詳しくはコチラになるのですが・・・

コマンドラインから
 w32tm /config /manualpeerlist:NTP_server_IP_Address,0x8 /syncfromflags:MANUAL
 net stop w32time
 net start w32time
 w32tm /resync
とやってやり、ntpクライアントとして時刻問合せに行くように設定する必要があったようです。

ちなみにクライアントモードをあらわすスイッチが、 ntpサーバーアドレスの後ろの 0x08 だそうです・・・。
いやぁ、メールが生命線な昨今、時刻がずれているというのはとても恥ずかしい出来事ですね。

投稿者 yamatec : 2009年6月 2日 23:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://yamatec.org/mt/mt-tb.cgi/406